※2018/04/15 最終更新

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

台湾・高雄旅行2日目!
昨夜に台湾・高雄に到着し、初めての朝を迎えます。

高雄で初めての朝ご飯はもう決まってるんですよね!
絶対に行きたかった興隆居(シン口ンチュイ)へ!!

興隆居は肉汁たっぷりの肉まんがめちゃくちゃ美味しいらしい(*´ω`*)
こりゃあ食べるしかないということでさっそく行って参りました。
肉まんって何であんなに美味しいんですかね。

で、後日どうしてもまた興隆居の肉まんが食べたくて…
最終日にも時間がないなか朝4時に食べにいきました(笑)
2日分まとめてご紹介したいと思います。

興隆居で朝ご飯

ここが興隆居です!
地下鉄のオレンジライン・市議會駅の1番出口から徒歩3分くらいなので近いです。
おなかすいた〜

お待ちかねの肉まんが迎えてくれますよ!
通常の肉まんは肉包と書きますが、興隆居は「湯包(タンバオ)」と表記されています。
湯というのがスープという意味なので、肉汁のすごさが文字でわかりますね!

蒸したての肉まん美味しそう(*´ω`*)
どんどん売れて、どんどんつくるので、蒸したてが食べれるのです。

美味しそう〜。
肉まんは小ぶりなので、他の料理を頼んでも食べれちゃいます!
もっといけたか。

肉まんをかじるとすごい肉汁が!!
まさしく小籠包のような肉まんです!
手をよごさないで食べることはできないくらいの量!
お肉は歯ごたえがしっかりしていて、キャベツはシャキシャキ。
味付けも美味しい〜(*´∀`*)

興隆居は焼餅(シャオピン)も人気なのでぜひ!
特にこちらの焼いたパンに揚げたパンと葱入り卵焼きが入ったてんこ盛りのサンドイッチがイチオシみたいですよ。
焼餅(焼いたパン)に油條(揚げたパン)を挟むという謎のグルメは台湾では定番の朝ご飯だそうで、ずっと気になっていたんです(笑)
焼餅も若干パイ生地っぽいので胃もたれが心配でしたが、豆乳スープにつけて食べると絶品ですよ〜。
ハーフサイズも選べます(*^_^*)

こちらは具がはいった豆乳スープの鹹豆漿(シエントウチャン)です。
油條(揚げたパン)や葱などが入っていて朝にちゅうどよい〜。
豆乳も美味しいのでぜひ。
甘い豆乳もありますよ。

満腹&満足で幸せ。

テーブルには調味料があるので、辛さも調整できますよ。

外へでるとこれから蒸される肉まんたち!
なんかかわいい(*´ω`*)

蒸す前の写真を撮っていたら、おじさんが蒸した肉まんのセイロを開けてくれた!
うまそー!!謝謝!!
肉まんが身を寄せ合っているみたいで、なんだかキュンとします。

最終日のシメも肉まんで

どーしても最後にまた興隆居の肉まんが食べたい…!
午前中の飛行機だったので、朝4時に行けば間に合う!!
朝早くから営業しているのも興隆居のよいところです。

私は隣駅に宿泊していたのでレンタル自転車で向かいました。
レンタル自転車が便利すぎるのでぜひみなさんも活用してください。
詳しい乗り方は別途まとめたいと思います。

朝4時なのでさすがにガラガラ!
かと思ったらテーブルに地元っぽい人たちがチラホラいました。
お一人様や友達と談笑していたり、みなさん早起きですね〜。

愛嬌すら感じる肉まん。
かみしめて食べます。
美味しい。大好きです。

今回は甘い豆乳を頼んでみました。
甘さは半糖を選びましたが、ほどよくて好きです。

こちらの蛋餅(タンビン)も台湾の朝食にはかかせない一品です。
一般的なものは卵焼きをクレープ生地で巻くのですが、興隆居は逆でクレープ生地に卵が巻かれてました。
蛋餅も優しい味で美味しいですよ。

興隆居の注文方法

入り口にたくさん人が並んでますが、地元の人はテイクアウトが多いので長時間並ぶことはないと思います。
朝9時頃の小雨の日でこのくらいの混雑具合です。
もっと空いてる方がよければ朝8時より前に行くとよいかもしれないです。

肉まんの湯包(タンバオ)がお出迎え!
最初に店内で食べるか持ち帰りか聞かれるのでココって感じで下に指をさせば通じます。
次に肉まんの数を伝えるとお皿にもってくれます。
ひとつ18元(約65円)と美味しいのにとてもやすい!
台湾住みたいわん。

一列にならんで焼餅などその他のメニューを取っていきます。
肉まんだけなら列を飛ばして奥まで進んで精算してもOKです。
地元の人はそんな感じでパパッっと買って帰っていきます。

焼餅(シャオピン)とは焼いたパンでパイ生地っぽいパリパリ感があります。
手前の生野菜入り焼餅は興隆居のオリジナルだとか。

奥にあるのは油條(ヨウティアオ)で揚げたパンです。

台湾グルメでずっと気になっていたのが焼餅+油條。
焼いたパンに揚げたパンを挟むというなんとも奇妙なグルメです(笑)

メニューをみると赤字で焼餅+葱蛋+油條というスペシャルメニューが!
これは頼むっきゃない。
出来上がったものがなかったので、これは指差しで注文しました。
半分がよければハーフサイズと言えば通じると思います。

その他にも美味しそうなグルメがたくさんありますよ〜。
選びきれません。
ちなみに右下にある割包(グワパオ)もフワフワ生地に角煮が入っていて美味しいですよ。
割包は六合夜市でも食べれます。

目玉焼きとハムもあります。
右奥の袋に入ったのが台湾の朝食にはかかせない蛋餅(タンビン)です。
袋の蛋餅をとったらテイクアウト用だったのか、奥にあった蛋餅を切ってお皿に盛ってくれました。
イートインなら蛋餅も指差しがよいかもしれないです。

最後は飲み物&スープコーナー。
豆漿(トウチャン)という豆乳をメインに売っています。
豆漿は甘い豆乳の甜豆漿(ティエントウチャン)と具が入った豆乳スープの鹹豆漿(シエントウチャン)の2種類あります。
甘い豆乳は温かいのと冷たいのが選べますよ。

女将さん的な人が「あったかい?あったかくない?甘い?からい?(たぶん塩味という意味)」などと日本語で聞いてくれますので、受け答えで注文してもOKです。
もしわからなかったら以下のように指差せば伝わると思います。
朝4時に行った時は日本語話せる人がいませんでしたので私も指差しで頼みました。

  • 温かくて甘い豆乳はテーブルにあるカップ
  • 冷たくて甘い豆乳は奥の冷蔵庫のカップ
  • 具入りの豆乳(温かい)はテーブル奥にあるお鍋

甘い豆乳はさらに甘さも全糖・半糖・無糖から選べます。

最後にお会計して、後ろ側からイートインスペースに入れます。

調味料はテーブルにもありますが、調味料コーナーもありました。
葱なんとかっていうタレが美味しそう。

こちらがイートインスペース。
結構広いですが、すぐ満席になってしまうとか。

二階にも席があるのかな?
満席だった場合は確認してみてください!

興隆居について

場所は地下鉄のオレンジライン・市議會駅1番出口から徒歩3分くらいです。

営業時間は掲載されているサイトによってバラバラなんですが、
私が朝4時に行った時にはすでに食べている人がいたので、3時か3時30分くらいから営業しているかもしれません。
午前11時には営業終了してしまうのでご注意ください。
興隆居は朝ご飯専門店って感じですね。

ちなみに興隆居の隣のお店も肉まんなどの似たような朝ご飯が食べれるらしい。
まだお腹に余裕があったら食べ比べしてもよいかもしれませんね。
こちらのお店の方が角にあって看板が派手なので、目印にするとよいかと思います。

興隆居の朝ご飯については以上になります!
高雄に行ったら絶対食べてください!!

台湾グルメについてはこちらにも詳しくまとめていますのでぜひご覧ください(・∀・)
紹介しているお店は台北中心ですが、ほとんどのグルメは高雄でも食べれます。
絶対食べてほしい!おすすめの台湾グルメ

次はフェリーで旗津半島へ向かいたいと思います!
海鮮グルメや海産土産がたくさんありますよ〜。

高雄の旅行記

その他の台湾・高雄の旅行記もぜひご覧ください(*^_^*)

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。