※2018/04/18 最終更新

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

台湾・高雄旅行2日目!
午前中は高雄85ビルの展望台でまったりしたのでお腹がすきました。
本日のお昼ごはんは何件かハシゴする予定です(*´ω`*)

まずは高雄で激安の小籠包が食べれる永和小籠湯包へ行ってみます!!
値段と美味しさからコスパ最強という口コミが多いので気になってました。

高雄の小籠包を食べれるお店を調べると以外に少ないんですよね。
小籠包だと台北の方がしのぎを削っていて美味しいらしい。
でもせっかくの台湾旅行ですし小籠包も食べたいですもんね〜。

高級店の小籠包もあるようでしたが、日本でも食べれそうなので、今回はあえてローカル感満載の永和小籠湯包に行くことにしました。

お腹もすいたのでさっそく行ってみましょう!

まずは最寄りの鹽埕埔駅へ

永和小籠湯包は、地下鉄のオレンジライン・鹽埕埔駅の2番か3番出口から徒歩5分くらいです。
一番下に地図や営業時間などお店の詳細も記載しています。

2番出口の場合はそのまままっすぐ、3番出口の場合は左の路地に入ってください。

たくさん商店が並ぶ道を通って行きますー。

この通りにある金記温州餛飩大王というワンタンが美味しいらしいお店もチェックしていたのですが、今回はお腹の都合で断念。

建物と上の看板のレトロ感がたまらないですね。

ひとつ目の交差点を右に曲がります。

少し歩くと突如現れる永和小籠湯包!
右手にこんな小さい看板があります。

メニューは3つのみで全部激安です!!
小籠包と湯(スープ)が2種類。

  • 小籠湯包 60元(約219円)
  • 酸辣湯 25元(約91円)
  • 猪血湯 25元(約91円)

小籠湯包(シャオロンタンバオ)は文字に湯がはいっている通り、肉汁を売りにした小籠包です。

酸辣湯(サンラータン)は酸味のある日本でも最近よく見かけるスープ。

猪血湯(ヂューシュエタン)は豚の血に塩を入れて蒸して固めたものが入っている台湾でポピュラーなスープです。
かなりゲテモノ感ありますが、レバー好きなので試してみてもよかったな〜と。
次回の課題グルメとします!

ちなみに飲み物はないので、近くのコンビニで買って持ち込んでも大丈夫です。

上の看板を見ると日本語が!
イラストのタッチが懐かしさに溢れています。
「蘇さの」は「蘇さんの」という意味か?

永和小籠湯包で激安小籠包をほおばる

建物に面しているまさしくこの軒下がお店です!笑
手前がチューボー、奥がテーブルになってます。
雨だとちょっとしんどいかも。
写真にうつっていませんが、老夫婦が営んでいます。

高雄の美味処という日本語のマンガまで(゚д゚)!
「”蘇さんの”小籠包」。
ローカル感溢れるお店かと思っていましたが、日本人向け?
まさに究極のオープンキッチン!
現在は9個で60元なので時代の流れに合わせて値上がりした模様。
お店の人が日本語しゃべれるってわけではないみたいです。

テーブルに座って注文。
スープいらない場合は数だけ伝えれば小籠包が来ますよ。

小籠包きた〜ヽ(=´▽`=)ノ
生姜大好きなのでたっぷりなのが嬉しい。

これが200円ちょいで食べれるってすごくないですか?

小籠包が大きいんではなく、レンゲが小さいのです!
小籠包は小ぶりですよ。

肉汁がもうでちゃってますね。

具はお肉とネギ?がはいっています。

皮はちょっとかためかな?よくいえばもっちりな感じ。
味付けはしっかりめで、肉汁はやや少なめでしょうか。

口コミにあった極上とかを鵜呑みにしてしまったかもしれません。
上品な小籠包を安く食べれると思って来るとちょっと違うかも!
あくまで屋台の小籠包って感じです。
ファーストタッチ(笑)の印象がイメージと違ったものの、これはこれで屋台感があって美味しいですよ!
軒下で食べるという雰囲気も込みで、日本では味わえない小籠包だと思います(*´∀`*)

とにかく安くたらふく小籠包を食べたい方にはおすすめです!
たしかにコスパは最強でした。

お会計は最後でOKです。

永和小籠湯包について

場所はオレンジライン・鹽埕埔駅2番出口3番出口から徒歩5分くらいです。
行き方は最初に載せた写真を参考にしてください。

営業時間は11:00~20:00と夜までやってるので、小腹が空いたらふらっと寄るのもよいですね。

永和小籠湯包については以上になります!

ちなみに永和小籠湯包の周辺には他にも美味しいグルメがたくさんあります!
私はアヒル肉が食べれる鴨肉珍と食後にマンゴーかき氷の高雄婆婆氷へハシゴ(・∀・)
こちらもぜひ一緒に立ち寄ってみてください。

高雄の旅行記

その他の台湾・高雄の旅行記もぜひご覧ください(*^_^*)

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。