※2018/04/18 最終更新

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

台湾・高雄旅行2日目!
本日のお昼ごはんは鹽埕埔駅周辺で何件かハシゴする予定です(*´ω`*)
最初は永和小籠湯包で激安の小籠包を食べてきました。

次に向かうのはアヒル肉が食べれる鴨肉珍です!!
「鴨」というのは「アヒル」のことみたいですよ!

鴨肉はずっと食べたかった台湾グルメなんですが、高雄でついに実現(*^_^*)
お腹はまだまだ入るので行ってみましょう!

鴨肉珍へ向かう

鴨肉珍は、地下鉄のオレンジライン・鹽埕埔駅から徒歩5分くらいです。
4番出口が一番近いと思います。
4番出口からでて右の路地をひたすらまっすぐ行くと着くので簡単です。
一番下に地図や営業時間などお店の詳細も記載しています。

私は永和小籠湯包から鴨肉珍へは歩きましたがこちらも5分くらい。
ぜひ一緒に味わってみてくださいヽ(=´▽`=)ノ

にしても建物のギューっと感がすごい!

途中に商店街もありました。

奥に鴨肉珍の看板発券!

鴨肉珍は65年の老舗だそうですよ〜。

テーブルは店の前やチューボーの前、隣の部屋にもたくさんあります。
地元の人にも愛される人気店なので、時間によっては満席になることも多いみたいですよ。
混んでいたら先に席を確保した方がよさそうですが、回転も早いのでそこまで待たずに食べれそうです。

鴨肉珍のアヒル肉は美味

たくさんのアヒルたちがこんがり焼かれてさばかれています!

常に人がたえなかったです。
注文は列に並びます。
テイクアウトもできるみたいですよ。

鴨肉珍のメニューです。
私の失敗も踏まえたおすすめはこちら。

  • 鴨肉飯 大 65元(約237円)・小 55元(約201円)
  • 鴨肉切盤 60元(約219円)
  • 綜合下水(湯) 50元(約182円)

鴨肉飯はアヒル肉と別メニューの肉燥が両方のったご飯です。

鴨肉切盤はアヒル肉のみ。

綜合下水湯はアヒルのいろんな内蔵が入ったスープです。
下水ってすごい名前ですよね笑
汁なしでただ茹でた内蔵だけを頼むこともできます。

メニューの看板が奥にあるので、注文はブログのおすすめを指差しするとわかりやすいと思います。
片言の日本語で「鴨?小さい?スープ?やさい?」と聞いてくれるスタッフもいるので、受け答えでもなんとか注文できると思いますよ。

しばらくするとアヒルちゃんきたー!
こちらが鴨肉飯です。
絶対うまいやつです。

アヒル肉は柔らかいけどほどよい弾力でかなり美味しいです!!
肉燥(細かい肉)ものっていて、魯肉飯のような漢方っぽさもなく角煮のような味付けで食べやすいですよ。

私は肉燥飯も頼んでしまい、、かぶってしまいました。
鴨肉飯にも肉燥のってるのね!

両方味わえる鴨肉飯とアヒル肉だけを堪能できる鴨肉切盤を頼めばよかったなと後悔( ;∀;)

こちらがいろんな内蔵が入った綜合下水湯。
台湾のスープは基本味付け薄めでダシを味わう感じ。
内臓がゴロゴロとたくさん入っています!
専用のタレもくるので付けて食べると美味しいです。
ただ量が多いのでご注意を。

お会計は料理が到着したら支払います。
最後ではないのでご注意ください。

私は全部で130元(約475円)でした。
安くて美味い!!

高雄に来たら鴨肉珍は絶対行くべきですヽ(=´▽`=)ノ
やはり地元の人が行く店は間違いないのでした。

鴨肉珍について

場所はオレンジライン・鹽埕埔駅4番出口1番出口から徒歩5分くらいです。
行き方は最初に載せた写真を参考にしてください。
移転しており旧店舗と場所が違っていますので古い情報にはご注意を。

営業時間は10:00~20:20で、火曜定休です。

2号店(暖簾分け)の「鴨肉本」もオープンしたそうですよ。
最寄りは同じく鹽埕埔駅ですが、やや遠いのでやはり鴨肉珍がおすすめです。

鴨肉珍については以上になります!

ちなみに鴨肉珍の周辺には他にも美味しいグルメがたくさんあります!
私は最初に永和小籠湯包で激安の小籠包、食後にマンゴーかき氷の高雄婆婆氷へハシゴ(・∀・)
こちらもぜひ一緒に立ち寄ってみてください。

高雄の旅行記

その他の台湾・高雄の旅行記もぜひご覧ください(*^_^*)

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。