※2018/05/30 最終更新

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

台湾の高雄らしい観光スポットと言えば、龍虎塔(ロンフーター)ですよね!
蓮池潭という池に龍虎塔はあります。

地図をみると地下鉄の駅から龍虎塔までちょっと遠くて行きづらい(>_<)
歩くと遠いし、タクシーだと近いしっていう絶妙な距離です。
行き方を調べてみるとみなさんおすすめの手段が異なるようで悩む〜。

龍虎塔への行き方は色々あるようなので、どうやって行くか私が候補にあげた行き方も含めてご紹介したいと思います(*^_^*)

龍虎塔への行き方

まずは龍虎塔がある蓮池潭(レンチタン)という池の全体地図をご確認ください。
蓮池潭の南側に龍虎塔があります。

龍虎塔へ行く最寄り駅は以下の2つです。

  1. 地下鉄の生態園區駅(レッドライン)
  2. 台鉄の左營駅

蓮池潭の北側にある孔子廟に行く場合は、地下鉄の左營駅か台鉄の新左營駅が近いです。

地下鉄と台鉄には「左營」とついた駅が複数あるので間違えないようにご注意ください!

今回は南側の龍虎塔へ行く前提で行き方をまとめると、以下のような交通手段が候補にあがりました。

  1. 地下鉄の生態園區駅からタクシー(一番楽)
  2. 地下鉄の生態園區駅からバス(まずまずの本数、バス待ちがイヤでなければ)
  3. 地下鉄の生態園區駅から公共レンタル自転車(一番安い)
  4. 台鉄の左營駅から徒歩10分(台鉄への乗り換えが面倒)

ガイドブックなどには地下鉄の左營駅からタクシーでと掲載されていますが、距離的には生態園區駅の方が近いです。
タクシー乗り場あるからとかっていう理由がもしかするとあるかもしれないですが。

で、私は生態園區駅からタクシーかレンタル自転車の2択だなと。

結論、私が使った交通手段は地下鉄公共のレンタル自転車です!
高雄市公共のレンタル自転車は通称「C-bike」とも呼ばれています。

台湾は何回か行ってますが、公共のレンタル自転車がとても安くて、使いこなしたらかなり便利そうだな〜ってずっと思っていたんですよね。
台北はもちろん、高雄にもレンタル自転車があるとのことで使ってみよう!と思った次第です。

とはいえ、レンタル自転車は便利ですが、体力面や天気にも左右されるので誰にでもおすすめできるという手段ではありません!

台湾はタクシーが低価格なのでいつもはどんどん使って体力温存しています。
今回は興味があったレンタル自転車で行くことにしましたが、無理せずタクシーバスを使ってくださいね。

レンタル自転車で龍虎塔へ行った様子も載せますので、興味がある方はぜひ利用してみてください!

バスにしろ、レンタル自転車にしろ、まずは地下鉄の生態園區駅へ向かいます。
次にバス停とレンタル自転車についてご紹介しますね。

地下鉄の生態園區駅

地下鉄で生態園區駅(レッドライン)へ。
2番出口からでるとバス停やレンタル自転車のステーションに一番近いです。
2番出口から外へでたら、振り返って逆側の方向に歩いてください。
ちょっとわかりづらいですが、写真のガラス張りの奥に自転車が並んでます。

レンタル自転車

レンタル自転車のステーションがあるので、ここから自転車を借ります。
公共レンタル自転車の借り方&返し方はこちらに詳しくまとめていますのでご覧ください。
高雄の公共レンタル自転車が30分無料で便利すぎる!借り方と返し方を写真付きで解説

バス停

龍虎塔へ行くバス停も上記自転車置場の近くにあります。
紅51紅35に乗車し「蓮池潭」で下車すればOKです。
帰りのバス停は下車した場所の向かいにあるので予め時刻表を確認しておいてください。

バス停もレンタル自転車も近いので、現地のバス停で時刻表を確認して来ないようなら、タクシーか自転車を選択するのでもよさそうですね(*^_^*)

レンタル自転車で龍虎塔へ

さてさて、私は生態園區駅からレンタル自転車で龍虎塔へ向かいますよ!
レッツゴー!!

まずは自転車置き場がある横の通りを蓮池潭方面へまっすぐです!

ここに突き当たるので左へ。

かわいいオブジェがある交差点を右へ。
あとはまっすぐです!

風景はかわることもあると思うので、必ずGoogleMapなどでもルートを確認してくださいね。

途中台鉄の踏切があるのですが、ここを渡った交差点がとにかく交通量が多いので注意です!
他の自転車やスクーターに必死についていきました笑

蓮池潭の入り口っぽい門があります!

この隣に高雄物産館というお土産屋さんがあるので帰りによってみることに。

門をくぐって中に入るとサイクリングコースが整備されてました(*^_^*)

池の奥に龍虎塔が見えてきた〜!と風をきって颯爽と漕いでいきます。

しかし!途中で整備中によりコースを絶たれる( ;∀;)
自転車を押して歩くか、また車道にでるしかないですね。

龍虎塔に着きました!
横はちょっとした広場になってます。

写真左にいるのは高雄市観光局のキャラクター「高雄熊(ガオションション)」です。
名前そのままですね。
台湾全土のキャラクター選手権でグランプリをとったとか!
たしかにかわいい。
くまモンともコラボしてるんですよ〜。

このへんにレンタル自転車のステーションがあったはずなんだけどな〜とウロウロしていたら、この観光案内所の後ろにありました。

ちなみにトイレも観光案内所の裏にあります。

こちらが龍虎塔に一番近いレンタル自転車のステーション。
これは帰りに撮った写真です。

龍虎塔の開放時間

曇りだったのでライトアップの撮影を狙っていたんですが、夜は龍虎塔に入れないので注意が必要です。

龍虎塔には開放時間が8:00〜17:30までと書いてありましたが、ガイドブックには8:30〜18:00と掲載されてました。
どちらが正しいかわかりませんが、17:30過ぎても入れそうな雰囲気はありましたよ。

入場は無料です。

私は夕方に行って、観光している間に暗くなるのを期待していたんですが、果たしてライトアップは撮れるのか?

では、旅行記の続きをご覧ください。

龍から入って虎から出る

いざ、龍虎塔へ!

めっちゃ曇ってる〜

亀の体をした龍?狛犬的な?

後ろには慈済宮があり、こちらも参拝客が多いですね。

ジグザグ〜。

正直そこまで期待してませんでしたが、近くでみるとなかなかの迫力です。
いろんな意味で面白い。

龍から入れとのこと。

縁起がよい龍の口から入り、縁起の悪い虎の口から出ると悪運を取り払ってくれるんですって。
ありがとう。

どーん。
脚はご愛嬌ということで笑

七重塔。

入りまーす!

通路の壁には彫刻?がびっしり。

階段を登って塔の一番上へ。

ぐるぐるっと。

絵も見ながらね。

うんうん。

階段に6がでたら一番上です。
地味にしんどい。

おージグザグが丸見え!

夏だと蓮の花が咲いてきれいなんですって。
冬に映える写真を狙うならやはりライトアップがよいかも。

虎の方の七重塔です。

ランプ?がかわいい。
たまに蜘蛛の巣もあるけど。

蓮池潭ではアクティビティもできるみたいですよー。

隣の春秋御閣や玄天上帝神像も見渡せます。
玄天上帝神像ってテレビの陸海空で西村さんが土下座したところじゃなかったっけな?笑

カラフルな龍とともに。

街もちょい上から見渡せますね。

虎の背中。

下まで降りて虎に移動しますか。

虎の七重塔の屋根には小虎がたくさん。

龍と虎の間。

ここでドローン飛ばしてる観光客いましたが、いいんですかね。。

鳥が水浴び中。

虎の体内へ。
七重塔は登らずにそのまま口に行っちゃいます。

虎の通路の壁。

でまーす。

がおー。
よく見たら目が光ってる。
怖いような面白いような絶妙な虎です。

龍もよく見たら目が飛び出てました。
海苔巻き刺さったみたい!

帰りは慈済宮を見ながらジグザグ。

まだまだ暗くならなそうなので、ちょっと歩いてみようかな。

黒いニワトリ?
なんかかわいくてしばらくぼーっと見てしまいました笑

春秋御閣にも行ってみる

こちらは左営啓明堂という別のお寺。
池のまわりにはお寺がたくさん。

目の前には春秋御閣の入り口。
睨まれました。

コミカルな鯉と龍がお出迎え。

こっちの龍も入れそうでしたが狭い。

龍の使いでしょうか。

春秋御閣は登らず奥へ。

ながーい橋。

五里亭に到着。

100mないくらい?

隣の玄天上帝神像もちょっと近くなりました。

ここのベンチで小休憩。
さて戻ろう。

ちょっと暗くなってきましたね。

龍虎塔のライトアップ

龍虎塔がライトアップし始めました!
まだ若干明るいですがね。

橋もライトアップされていい雰囲気に。

慈済宮も。

夜のほうが龍と虎は迫力が増しますね。

結局完全に暗くなるまで待ちきれず、これが一番映えな写真となりました。

やっほ。

橋を飲み込んでいるみたいな一枚。

虎の足元もご愛嬌なのです。

さてさて、このへんでおいとましますかね。

龍虎塔にも入って、完全に暗くなった状態のライトアップを撮ろうと思ったら、蓮池潭の周辺をもっと探索してみたり、近くのお店でお茶したり、もっとゆっくり過ごすスケジュールにしないといけませんね!
北側にある孔子廟もちょっと行ってみたかったんですがね。

ちなみに私は行けませんでしたが、グルメなら龍虎塔近くの三牛牛肉麵さん(地図)が美味しいみたいですよ(*´ω`*)
私の分まで食べてきてください!

高雄物産館

またレンタル自転車に乗って蓮池潭沿いにあるお土産屋さんへ。
こっちは池側にある入り口で、近くにはレンタル自転車のステーションもあります。

高雄物産館に着く頃には真っ暗に。。
もう少し粘ればよかったか。

中に入るとキャラクターがたくさん。

お土産を物色。

お客さんも店員さんも全然いない!
団体さんがわっと来る感じなのかもしれないですね。

キレイめなお土産がたくさんあるので、プレゼント用によいかも。

逆側の入り口。
たぶんこっちが正面なのかな。

真っ暗で龍虎塔のライトアップもキレイそうだけど戻るのもめんどいので帰りますかー。

最後は蓮池潭越しに龍虎塔のライトアップを眺めて、また自転車で駅に戻りました(*´ω`*)

もしレンタル自転車にチャレンジしてみるという方はこちらをご覧ください。
高雄の公共レンタル自転車が30分無料で便利すぎる!借り方と返し方を写真付きで解説

龍虎塔については以上になります!

次は瑞豐夜市でローカル感を満喫しに行ってきますヽ(=´▽`=)ノ

高雄の旅行記

その他の台湾・高雄の旅行記もぜひご覧ください(*^_^*)

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。