台湾グルメの麺線に初挑戦!と西門町のシンボル西門紅楼をちら見@台湾旅行

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2回目の台湾なんですが、今回はもう少しディープな台湾を知りたい(*´ェ`*)
ということで、前回訪れなかった場所や日本にはない台湾フードを求めてやってきました〜。

今回は、若者が集まる街『西門町』です!!
シーメンティンと呼びます。
原宿的なファッション街らしいんですが、残念ながらそちらは見てません(>_<)

西門町にお目当てのお昼ごはんを食べに来たわけです。
ちょっと前におやつのピーナッツ餅を食べてしまったので食べれるかな。。

で、その目的のグルメは『麺線』!!
みなさんは麺線ご存知でしたか??
私は2回目の台湾旅行で知りました〜。

台湾在住の方がブログで、台湾の麺の中で一番好きとおっしゃっていたので気になってたんですよね。
日本には絶対なさそうな台湾フードなのでこれはチャレンジするしかないでしょ!

麺線でお昼ごはん

西門町

お目当ての麺線(ミェンシェン)がある西門町へ到着!!

原宿っぽくはなかったけど、たしかに若者の街って感じ〜。
ゲームの広告がたくさん!

阿宗麺線

駅から少し歩くと麺線のお店、阿宗麺線(アゾンミェンシェン)を発見!!
ミェンシェンって日本語そのままの「めんせん」の呼び方に近いから覚えやすい。

人が結構並んでますがファストフード的な感じで回転が早いのでご安心を(・∀・)
食べる場所は店の前に椅子が並んでるくらいなので、立ってさくっと食べてる人もいました。
日本で言う立ち食いそば的な?

「台湾グルメの麺線に初挑戦!と西門町のシンボル西門紅楼をちら見@台湾旅行」の続きを読む>

龍山寺で参拝!の後は食感がたまらないピーナッツ餅でパワー全開@台湾旅行

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

わたしく2回目の台湾!!
前と違う台湾が楽しめそうでワクワクしてます(*´艸`*)

今回は、参拝者の熱気がすごい!『龍山寺』を訪れました(*^_^*)
龍山寺(ロンシャンスー)は、台湾きってのパワースポットということもありすごく賑わってます☆

ちょうどお経を読む時間だったらしく大合唱!
地元の方の信仰心の強さを肌で感じました。
日本人はもはや無宗教ですからね。。

私も台湾流の参拝をしたり、普段あんまりやらない台湾スタイルのおみくじを引いてみたり、お寺を満喫しました〜ヽ(=´▽`=)ノ

よろしく開運!!!

龍山寺で参拝

龍山寺

龍山寺駅に到着!!

実際はすぐ龍山寺に行かずに近くで朝食を食べ、レトロな街並みの剥皮寮を観光しました(*´ェ`*)
その時の旅行記は前回の「朝ごはんからのレトロな街並みが残る剥皮寮へ!」をご覧ください!

朝ごはんでお腹も満たされたので、龍山寺へ!!

龍山寺

立派な門構え。

龍山寺

装飾がカラフルで細かい!

龍山寺

門をくぐったところ。エントランス的な。

龍山寺

龍山寺!!

「龍山寺で参拝!の後は食感がたまらないピーナッツ餅でパワー全開@台湾旅行」の続きを読む>

朝ごはんからのレトロな街並みが残る剥皮寮へ!@台湾旅行

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2回目の台湾旅行記スタートします!!!

初めての台湾は3連休に一人旅で行ったのですが、
今回は5連休に旅友と二人旅ということもありまた違った台湾が見れそうです(*´艸`*)

でも理由あって、本日は一人なんです(笑
理由が気になる方は「初めて航空券をキャンセルしたお話。航空券の豆知識も。」をご覧ください。

さてさて、前日は移動のみだったので、今日は朝から飛ばして行きますよ!!!

阜杭豆漿で朝ごはん(食べれず)

台湾と言えば安くて美味しい朝ごはんヽ(=´▽`=)ノ

豆乳を使った豆漿(トウチャン)という朝ごはんが有名なんですが、私はそんなに豆乳が好きというわけではなく。。
でもガイドブックの写真を見て、これは食べたい!と思ったお店があったので行ってみることに(*^_^*)

豆漿は甘いものとしょっぱいものがあるらしいです。
今回はしょっぱい方の鹹豆漿(シエントウチャン)がお目当て(*´∀`*)

大好きなパクチーと揚げパンみたいな油條が入っていて美味しそう!
ということで鹹豆漿で有名な阜杭豆漿(フウハントウチャン)というお店に向かいました!!

阜杭豆漿の最寄り駅、善導寺駅に到着!!

すると、目の前にものすごい行列。
何かイベントでもあるのかな。

阜杭豆漿(フウハントウチャン)

目の前にデパート内にある華山市場があったので、ここかな〜と思って入ってみたもののない。
あれ、2階でした。階段が見当たらない。

阜杭豆漿(フウハントウチャン)

まさかな〜と思って行列の先に進んで見る。
階段ある。。

まじですか(゚д゚)!

阜杭豆漿(フウハントウチャン)

とりあえずお店の中は見れそうだったので行ってみることに。
さすがにあの行列並んでたらお昼ご飯になっちゃうよ〜(/_;)

朝7時でデパートの半周は並んでたと思います。。
スポーツウェア着てる人がたくさんあるからもしかしたら近くで何かイベントあったのかもですねー。
でも、さすがにあそこまで並んで食べる朝ごはんって。。

行列でも食べたい方は阜杭豆漿ぜひ行って感想聞かせてください(>_<)
朝5時30分〜12時30分の営業で、月曜定休です。

完全に朝ごはん難民です。。
途方に暮れてとりあえず次の目的地の龍山寺(ロンシャンスー)へ向かうことに。

周記肉粥店で朝ごはん(リベンジ)

龍山寺

龍山寺駅に到着。
急遽この近くにあったお粥のお店に行ってみることに。

龍山寺

こういう露店で朝ごはんも地元っぽくていいなー。

龍山寺

まだシャッターが閉まっているお店たち。
朝ごはん食べれるお店って以外と少ない。

龍山寺

朝の一服ですか。

剥皮寮

ん?なんかここ良さ気なんですけどー。

「朝ごはんからのレトロな街並みが残る剥皮寮へ!@台湾旅行」の続きを読む>

カンボジア一人旅、総まとめ☆アンコール遺跡、すごいです。

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

アンコール・ワットがどーしても見たくて一人旅したカンボジアのシェムリアップ
朝日で浮かび上がるアンコール・ワットを見た時の感動は忘れられません。

アンコール・ワットの朝日

カンボジアは、同じ一人旅の女性(以下、旅友)と観光したり、紳士にコーラおごってもらったり、初めての経験もたくさんありました(*^_^*)

アンコール・ワットの朝日を見に行ったら旅友も偶然いて、知らない間に撮影していたらしく帰国してから上の写真を送ってもらいました!
すごく黄昏れていて良い写真にビックリ!!笑
本当にありがとう〜

初めてのトゥクトゥクは、すごく爽快で暑いカンボジアには持って来い!!
砂ぼこりもご愛嬌(笑)だけど、やっぱりマスクは持って行った方がいいかも。。

カンボジアの子ども達もかわいかったな〜
三丁目の夕日的な?昔ながらの無邪気さというか。。
子どもたちは商売も一所懸命なので、観光地でがんばっている姿を可哀想と感じるか、頑張ってるなと微笑ましく思うかは見る人次第かな?

カンボジアは東南アジアでも比較的治安が良いので、女性の一人旅にもオススメ
移動もホテルのトゥクトゥクのドライバーさんが目的地まで連れて行ってくれるので、移動方法など調べることがないのは本当に楽でしたね。

遺跡!遺跡!!遺跡!!!の3日間でしたヽ(=´▽`=)ノ

カンボジア旅行記まとめ

※旅行記のリンクは別ウィンドウで開きます。

1日目 まずは王道のアンコール遺跡巡り

アンコールワットの朝日
アンコールワットから朝日を拝む!撮影スポットとコツも紹介♪

アンコールワット
アンコールワットの回廊へ!レリーフから物語を知る

アンコールワット
アンコールワットの中心部へ!象徴である塔は圧巻です

バイヨン
顔だらけ!『アンコールトム』のバイヨンは不思議な遺跡

アンコールトム
巨大な都城『アンコールトム』は歴代の王が手がけた個性豊かな遺跡群

タ・プローム
神秘的!『タ・プローム』は巨木の根が絡まるアートな遺跡

アンコールワット
夕日に染まるアンコールワットが美しすぎる(*´∀`*)

「カンボジア一人旅、総まとめ☆アンコール遺跡、すごいです。」の続きを読む>

シェムリアップで宿泊したホテルや航空券のあれこれ/カンボジア一人旅

【更新情報】
2016.03.26 ホテルに関する詳細な情報やお役立ち情報を追記しました!

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅の旅行記も書き終わったので、今回はシェムリアップで宿泊したホテルや航空券について綴りたいと思います(*^_^*)

シェムリアップへの航空券

1月に3泊4日(+機内1泊)でカンボジア、シェムリアップへ行ってきました(*´∀`*)
カンボジア一人旅の旅程はこんな感じ!

旅程

シェムリアップへは成田空港から上海経由で約9時間でした。
時差は-2時間です。

シェムリアップ国際空港

暗くてわかりづらいこちらがシェムリアップの空港です。
リゾートっぽい感じでした(*^_^*)

行き(中国東方航空)
13:50 成田空港発
16:10 上海空港着
18:40 上海空港発
21:45 シェムリアップ国際空港着

帰り(中国東方航空)
22:45 シェムリアップ国際空港発
04:00 上海空港着
09:10 上海空港発
12:50 成田空港着
※現地時間

通貨はリエル(R)で、R100は約3円(2015年10月時点)です。
カンボジアではUSドル紙幣も使えます!US$1=約4000Rみたいですよ。
食事はトゥクトゥクのドライバーさんにお任せすると基本レストランに連れて行かれますので、昼食で500円〜(観光客価格)はかかります。
最近物価が高くなっているそうで、ガソリン代が日本とそんなに変わらないのは驚きでした。

11月上旬~4月が乾季となりベストシーズンと言われています。
一年中暑いですが、夜はトゥクトゥクに乗っていると肌寒く感じることもあるので、日焼け対策も兼ねて薄手のはおるものはあった方がよいかと思います。
ただしトレンサップ湖の観光を考えている方は水がかなり少なくなるようなのでご注意を!

言葉は「オークン(ありがとう)」だけ覚えて行きました。
基本ドライバーさんとは英語でのやり取りですが、お互いに片言なのでなんとかなります!

「シェムリアップで宿泊したホテルや航空券のあれこれ/カンボジア一人旅」の続きを読む>

夕暮れのアンコールワットとカンボジア土産をお買い物(*´艸`*)/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅の旅行記もこれで最後です(´;ω;`)ウッ…
最後は夕暮れのアンコールワットにお別れのご挨拶をし、その後カンボジアのお土産を買いに行きますよ!

では、夕暮れのアンコールワットへレッツゴー!

アンコールワット

もうすぐ日が落ちそう。

アンコールワット

最後のアンコールワット〜

アンコールワット

今回のカンボジア旅行でアンコールワットは3回目です。
行き過ぎ?笑

アンコールワット

お堀にガオー

アンコールワット

参道の入り口からアンコールワットが見えないんですよね。

アンコールワット

くぐるときのドキドキ感。
何回行ってもドキドキ。

「夕暮れのアンコールワットとカンボジア土産をお買い物(*´艸`*)/カンボジア一人旅」の続きを読む>

山の頂上にある遺跡『プノン・バケン』で絶景を見た/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅も残りわずかです!
最終日はアンコールワット周辺にある大回りコースの遺跡を巡ります。

今回行くのは『プノン・バケン』という遺跡です。
バケン山の頂上に建っているめずらしい寺院なんです(*^_^*)
世界遺産にも登録されてます!

山だけあってプノン・バケンで見る夕日は格別みたいですよ!
今回はアンコールワットで夕日を見ることにしたのでプノン・バケンは夕方前くらいに行きました。

夕日と言えば『プレ・ループ』も有名ですね(*´∀`*)
プレ・ループも日中に行きましたが(笑)、ここからプノン・バケンへ向かいます!

プノン・バケン

アンコールワットのお堀を抜けて!

プノン・バケン

お掃除も入念に!

プノン・バケン

着いた!

プノン・バケン

こんな感じの山道を20分くらい歩いたでしょうか。

「山の頂上にある遺跡『プノン・バケン』で絶景を見た/カンボジア一人旅」の続きを読む>

夕日の名所としても有名な遺跡『プレ・ループ』は火葬場だった(゚д゚)!/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅も寂しいかな終盤になってしまいました〜(T_T)
最終日はアンコールワット周辺にある大回りコースの遺跡を巡ります!

今回行くのは『プレ・ループ』という寺院です。
プレ・ループの境内は元々火葬場だったんだとか(゚д゚)!
プレ・ループというのは『体を変える』という意味があって、昔は火葬した灰で死者をかたどった線を描く儀式を行っていたそうです。

そんなプレ・ループですが、今は美しい夕日の名所で知られています!

今回は悩んだ末、アンコールワットで夕日を見て最終日を締めることにしたので、
プレ・ループでの夕日は見れませんでしたが日中に見ても面白い遺跡ですよ(*^_^*)

早速プレ・ループへ向かいたいところですが、、その前に腹ごしらえです!!

カンボジア

近くのレストランで連れてってもらいます!
レストランの前では子どもたちが遊んでました(*^_^*)

クメール料理

カンボジア風焼きそば!!
暑い国で飲むコーラは最高(*´∀`*)

トゥクトゥクのドライバーさんが連れてってくれるのはほぼ観光客向けのレストランです。
お店もきれいで食べ物も安心ですが、その分値段は600円と日本とかわりません。。

味は美味しいけど、野菜がかたい!
日本が柔らかすぎるのか。

プレ・ループ

満腹になったので、プレ・ループへ!!

プレ・ループ

この寺院もまた独特な雰囲気です。

プレ・ループ

階段は何段あるんですかね。

「夕日の名所としても有名な遺跡『プレ・ループ』は火葬場だった(゚д゚)!/カンボジア一人旅」の続きを読む>

巨大貯水池に浮かんでた(笑)寺院『東メボン』/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅もいよいよ終盤!
アンコールワット周辺にある大回りコースの遺跡をご紹介したいと思います(*´∀`*)

今回は巨大貯水池に浮かんでた寺院!『東メボン』です!
浮かんでいたと過去形になっているのは、現在は貯水池が干上がっており水がないからです(笑
以前は巨大貯水池『東バライ』の中央に建っていて、寺院の花壇まで水があったので船で移動していたんだとか(*^_^*)

水があったらさぞかし美しかったでしょう!
でも寺院自体も立派ですので、水がなくても見る価値アリですよ!
寺院のまわりが池になっているのを想像しながらぜひご覧ください(笑

東メボン

『東メボン』は10世紀のヒンドゥー教寺院で、平面型になってます。
ここは人工の島だったんですって〜。

東メボン

入り口が額みたい。

東メボン

がおー。

東メボン

おしりがキュートなんですよ。
このへんまで水があったのかな〜。

東メボン

東メボンはこのゾウの像(ダジャレ?)があるのが特徴的。
宗教的神話にもたくさん登場します。
かわいいやつめ。

「巨大貯水池に浮かんでた(笑)寺院『東メボン』/カンボジア一人旅」の続きを読む>

とっても小さなアンコール遺跡『タ・ソム』/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅もいよいよ最終日です!
最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回ります(*´∀`*)

今回はとても小さなアンコール遺跡、タ・ソムです!
ガイドブックにもあまり載っていない小規模な遺跡です(・∀・)
あまり修復されていないそうなので、それも楽しみ!

タ・ソムは『ソムおじいさん』という意味らしいですよ。
なぜおじさん!?笑

では、さっそく小さな遺跡を見てみたいと思います!

タ・ソム

小規模といっても立派な門構え。

タ・ソム

修復されていないせいか、石がガタガタ。
通るのちょっと怖いですね。

タ・ソム

ミニチュア!はいいすぎか。

「とっても小さなアンコール遺跡『タ・ソム』/カンボジア一人旅」の続きを読む>