とっても小さなアンコール遺跡『タ・ソム』@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅もいよいよ最終日です!
最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回ります(*´∀`*)

今回はとても小さなアンコール遺跡、タ・ソムです!
ガイドブックにもあまり載っていない小規模な遺跡です(・∀・)
あまり修復されていないそうなので、それも楽しみ!

タ・ソムは『ソムおじいさん』という意味らしいですよ。
なぜおじさん!?笑

では、さっそく小さな遺跡を見てみたいと思います!

タ・ソム

小規模といっても立派な門構え。

タ・ソム

修復されていないせいか、石がガタガタ。
通るのちょっと怖いですね。

タ・ソム

ミニチュア!はいいすぎか。

「とっても小さなアンコール遺跡『タ・ソム』@カンボジア一人旅」の続きを読む>

病を治す池!?『ニャック・ポアン』の参道がすごく神秘的@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅はいよいよ最終日!
最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回ります(*´∀`*)
今回はニャック・ポアンという寺院&池を見学します!

ニャック・ポアンは、治療池と言われ病を治すヒマラヤの神泉「アナヴァタプタ」を模したそうです。
ニャック・ポアンという名前は『絡み合う蛇』という意味があるらしいですよ。

では、さっそく入ってみましょう!

ニャック・ポアン

こちらも参道と言うんでしょうか。
ニャック・ポアンまで細い道を通って行きます。

ニャック・ポアン

少し歩くと道の両脇には湖が!!
落ちたら終わりです!!

ニャック・ポアン

この景色、結構好きかも。

「病を治す池!?『ニャック・ポアン』の参道がすごく神秘的@カンボジア一人旅」の続きを読む>

ギリシャ神殿みたいな『プリヤ・カン』!今までにない独特でオシャレな遺跡@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅、最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回ります(*´∀`*)
今回はプリヤ・カンという遺跡を見学します!

プリヤ・カンは、アジアとヨーロッパが融合したような不思議な遺跡なんです(*´∀`*)
プリヤ・カンという名前は『聖なる剣』という意味があるらしいですよ。

では、さっそく入ってみましょう!

プリヤ・カン

長ーい参道を通ってプリヤ・カンの門へと向かいます。

プリヤ・カン

蛇神のナーガがお出迎え。

プリヤ・カン

ナーガを引っ張れ、えんや、これや!

プリヤ・カン

西塔門へ着きました。

プリヤ・カン

中央祠堂へ続く道。

「ギリシャ神殿みたいな『プリヤ・カン』!今までにない独特でオシャレな遺跡@カンボジア一人旅」の続きを読む>

初めて航空券をキャンセルしたお話。航空券の豆知識も。

JAL

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

先日、初めて航空券をキャンセルするという経験をしました。

それがなかなか一筋縄ではいかずドタバタだったわけです。。

まだまだ海外旅行に関して知識不足を通関したのと、
たくさんの方に助けてもらったことへの感謝を気持ちを込めて、
今回のチケットキャンセルについて書き留めておきたいと思います。

ミッション

今回の航空券は台湾へ往復2名で購入。
後日一緒に行くはずだった友人が旅行の日に結婚式へ招待される。
式の日が旅行の初日だったため、一日ずらせば台湾へ行ける。
古くからの友人の結婚式だし、台湾も前から行きたがっていたのでどちらも決行したい。

私 :一人旅で台湾に行った経験あり。
友人:初めての台湾。一人旅なんてもってのほか。

「初めて航空券をキャンセルしたお話。航空券の豆知識も。」の続きを読む>

日本人なら必見の遺跡!『バンテアイ・クデイ』で嬉しい発見@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅3日目の最終日です!
最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回ります(*´∀`*)
今回はアンコールワットにも近いバンテアイ・クデイという遺跡です!

バンテアイ・クデイはもともとヒンドゥー教寺院として建てられたんですが、
途中で仏教寺院として改築されたという非常にめずらしい遺跡なんです。

では、さっそく入ってみましょう!

バンテアイ・クデイ

入り口でアンコールチケットを見せて中へ入ります。

バンテアイ・クデイ

なにやら日本語で「アンコール文化遺産教育センター」という看板が(゚д゚)!
隣には小さな資料室がありました。

バンテアイ・クデイ

なんと、2001年に上智大学率いる調査チームが274体もの廃仏を発見したそうですよ!
びっくりですね(゚д゚)!
日本がバンテアイ・クデイに貢献したのを知って、すごく親近感が湧きました(*´∀`*)

遺跡見るの楽しみだな〜

「日本人なら必見の遺跡!『バンテアイ・クデイ』で嬉しい発見@カンボジア一人旅」の続きを読む>

王族が沐浴した池『スラ・スラン』は残念ながら工事中(2015年2月時点)@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅3日目の最終日です!
最終日もやっぱり遺跡巡り(*´∀`*)
アンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回りました〜。

プラサット・クラヴァンという小さな遺跡からスタートして、
次はバンテアイ・クデイという遺跡へ向かったんですが、ちょっと待った!!

遺跡の入り口向かいにあるのはスラ・スランではないですか!?
ガイドブックにも載ってたし行ってみることに。
ドライバーさん教えてくれなかったけど、期待しないほうがいいってことかしら?

ということで、バンテアイ・クデイの前にスラ・スランへ寄り道です(*^_^*)

スラ・スラン

池の前にはお店もでていますね。

スラ・スラン

眠そう。

スラ・スラン

あの階段を上がったら!?

「王族が沐浴した池『スラ・スラン』は残念ながら工事中(2015年2月時点)@カンボジア一人旅」の続きを読む>

不思議と落ち着く遺跡『プラサット・クラヴァン』でのんびり@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

ついにカンボジア一人旅3日目、最終日となってしまいました!
観光してると時間が過ぎるのが早いです〜(T_T)
最終日もカンボジア楽しむぞー!!!

最終日はアンコールワット周辺にある遺跡を大回りコースでぐるんと見て回りました(*´∀`*)
一つ目の遺跡はガイドブックでほっとんど紹介されていない(笑)、
トゥクトゥクのドライバーさんが連れて行ってくれたプラサット・クラヴァンです!

結論から言うと小さくて地味な遺跡なんですが、
これが不思議と落ち着くんですよね〜。

なんなんでしょう。
遺跡のパワーなんですかね。

プラサット・クラヴァンはヴィシュヌ神を祀るために建てられた、ヒンドゥー教の寺院だそうです。

プラサット・クラヴァン

入ってみたら、あれ?
反対側かい!

プラサット・クラヴァン

正面の方へぐるんと。
公園みたいな広場〜涼んでる人もいますね。

プラサット・クラヴァン

レンガ造りの塔が5つ並んでるのがプラサット・クラヴァンの特徴。
ちょっと写真じゃわかりづらいですね。

「不思議と落ち着く遺跡『プラサット・クラヴァン』でのんびり@カンボジア一人旅」の続きを読む>

夜も楽しめるアンコール・ナイトマーケット!クメール料理も美味(*´∀`*)@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目の夜です!
日中はシェムリアップの中距離遺跡を巡ったのでお腹ペコペコ(*´∀`*)
ということで、絶対楽しいアンコール・ナイトマーケットへ向かいました!

そうそう、今回一人旅なんですが、2日目はひょんなことから知り合った同じく一人旅をしている女性と一緒に観光することになったんですよね(*´ェ`*)
こんなことは初めてなのですが、こういう出会いもいいもんですね(笑

で、その方が日本でネットを通じて知り合ったこれまた一人旅の方と夜ご飯を食べる約束をしているということなので、なんと私もご一緒させてもらうことに!
一人旅はご飯が少し寂しいのと、複数人で食べるような鍋とかはやっぱり行きにくいですから、こういうのもアリですね〜(*^_^*)

せっかくなので、カンボジアの伝統、クメール料理がいいな!
かつ一人旅ではなかなか味わえないお鍋の『チュナン・ダイ』を食べることに決定!
カンボジアのような暑い国でお鍋なんて不思議な感じ。

ではでは、早速夜の街、アンコール・ナイトマーケットへGO!

アンコール・ナイトマーケット

ひゃ!これが噂のパブ・ストリート
ドキドキしますね。

アンコール・ナイトマーケット

フルーツジュースおいしそ〜
(いやいや、私はビールを…!)

アンコール・ナイトマーケット

おしゃれ!
ガイドブックに必ず載っているバーで、トゥームレイダーの撮影にアンジェリーナ・ジョリーさんも訪れたとか。

アンコール・ナイトマーケット

私たちはチュナン・ダイの専門店「スープ・ドラゴン」へ(*^_^*)
外観の写真撮るの忘れましたが、2階席があって通りを上から眺めることができました!
風も通るし2階オススメですー。

料理を待つまで3人で話しをしてると、ご飯だけ一緒に食べた彼はカンボジアに到着したばかりだということが判明。
んでATMでお金をおろそうと思ったらクレジットカードが出てこなくなったとか(゚д゚)!
カンボジア行ったことある人に1万で足りると言われて全然現金持ってきてなかったそうな。
臆病な私には絶対できない!
クメール料理食べてて大丈夫?(笑

アンコールビール

色々あるけどとりあえずアンコール・ビールで乾杯!!!
待ってました!!!
東南アジアのビールっぽいあっさりとした飲みくち。

ちなみに奥にある紙ナプキンですが、ジャスミンのようなすごくいい匂いがするんです!
どこのレストランにも置いてあって地味にハマってました(笑

カード会社に電話した方がいいとか、色々話しつつ料理を待ちます。
アメックス非対応なのにカード無理矢理入れたら、そりゃでてこんわ!

「夜も楽しめるアンコール・ナイトマーケット!クメール料理も美味(*´∀`*)@カンボジア一人旅」の続きを読む>

トゥクトゥクで中距離遺跡へ!トゥクトゥクの料金や注意点も@カンボジア

【更新情報】
2017.07.12 トゥクトゥクの料金について追記しました。
2016.03.26 中距離遺跡巡りのトゥクトゥクの料金について追記しました。

2016.03.13 中距離遺跡巡りの簡単なスケジュールを追記しました。
2016.03.13 自転車での遺跡巡りについて追記しました。

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目はシェムリアップ周辺の中距離遺跡巡りです(*´∀`*)
私は中距離遺跡もトゥクトゥクで移動しました!

シェムリアップからやや遠い場所にある遺跡ですので、トゥクトゥクで行くか、車で行くか、迷っている方も多いと思います。
私も相当迷いましたので(笑

そんな、移動方法を迷っている方に少しでも参考になるよう、
私のトゥクトゥクでの移動の模様をブログに書き留めたいと思います。

トゥクトゥクとは?

トゥクトゥク

私が3日間お世話になったトゥクトゥク。ゴールドです(笑

トゥクトゥクとはバイクの後ろに座席をつけた乗り物です。
一応4人乗りですが、大柄な方は少し窮屈かもしれません。
人数が増えるとその分スピードも遅くなります。
屋根がついているので、暑さや雨もしのぐことができます。

料金も安くてバイクタクシーに比べると安全です。
ホテルで用意してくれるトゥクトゥクはたいていが警察に登録しているドライバーなはずので、中距離遺跡などの移動でも安心だと思います。

ホテルに依頼した場合は基本的に同じドライバーがずっと案内してくれます。
私の場合ホテルに空港からの送迎をお願いしたのですが、当日迎えに来たトゥクトゥクのドライバーが滞在中は専属で案内してくれました。
ホテルに向かってる途中で、明日はどこいく?などの営業があります(笑
(ちなみに空港の送迎ですが、行きは無料でしたが、帰りは有料になったので事前にホテルに確認した方がいいかも!)
どうしてもドライバーを変更したい場合はホテルのスタッフに言えばかえてくれるようです。

トゥクトゥクは観光中もずっと待っていてくれるので、帰りの心配もないので楽ちん(*^_^*)
遺跡は早い時間に閉まってしまうので、行くコースが決まっている場合は時間が押してくると何時間後にここに戻ってきて!って言われることもあります。
事前に決めていた観光ルートを回りきったら次どうするか聞かれると思うので、ホテルなど降りる場所を伝えてください。
追加料金でまた観光地へ行く場合は行き先を伝えて料金を確認します。

料金は乗車前に交渉する必要があるので、事前に相場を調べておきましょう。
また、ホテルにトゥクトゥクの料金表がある場合も多いので、そちらの確認も忘れずに!

「トゥクトゥクで中距離遺跡へ!トゥクトゥクの料金や注意点も@カンボジア」の続きを読む>

カンボジア最大級の『プサー・ルー市場』で現地の食文化に触れる@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目です!
2日目はシェムリアップの中距離にある遺跡を中心に巡りましたヽ(=´▽`=)ノ

中距離遺跡巡りのコースは、シェムリアップから
バンテアイ・スレイベンメリアロリュオス遺跡群プサー・ルー市場
とトゥクトゥクで移動して戻ってきました!
車で行くか迷っている方もいらっしゃるかと思うので、
トゥクトゥクでの移動については「トゥクトゥクで中距離遺跡へ!料金や注意点も」をぜひご覧ください(*^_^*)

私は海外旅行に行った時、なるべく市場へ行くようにしてるんですが、
市場って現地の人が利用するのでその土地の食文化に触れることができるのですごく面白いんですよね。

シェムリアップ最大の市場はプサー・ルー市場です!
生鮮食品だけじゃなく、お菓子や日用品や衣料品などなんでも揃う最強の市場なんです(笑

ではでは、市場の散策へまいりましょう!

と思ったら、カメラの充電がない!!
市場はiPhoneで写真とったのですが、補正力の高さ最強ですね。

プサー・ルー市場

プサー・ルー市場の入口。
でかそうなにおいがぷんぷんします。

プサー・ルー市場

パン!

プサー・ルー市場

サツマイモをスライスしたお菓子が美味しそうでした。
量が多くてかわなかったけど。。

「カンボジア最大級の『プサー・ルー市場』で現地の食文化に触れる@カンボジア一人旅」の続きを読む>