アンコール遺跡の原点『ロリュオス遺跡群』の偉大さを感じた/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目!
シェムリアップ周辺の中距離遺跡を巡ったあとは、
市街から少し離れたロリュオス遺跡群にも寄ってみました(*^_^*)

私は中距離遺跡もトゥクトゥクで移動したのですが、シェムリアップから
バンテアイ・スレイベンメリアロリュオス遺跡群とぐるーっと回りました!
このコースだとシェムリアップに戻るまで移動だけで3時間くらいかな?
丁度それぞれの遺跡が同じくらいの距離なので、いい休憩時間にもなるし風も涼しくて、私はトゥクトゥクにしてよかったなと思ってます♪
車で行くか迷っている方もいらっしゃるかと思うので、
トゥクトゥクでの移動については「トゥクトゥクで中距離遺跡へ!料金や注意点も」をぜひご覧ください(*^_^*)

ロリュオス遺跡群にはいくつかの遺跡が集まっており、
その中のバコンはアンコールワットの原型になったんですって(゚д゚)!
さらにプリヤ・コーという遺跡はアンコール王朝最古の寺院だとか!
参道を通って境内へ入るのもこの時期に確立されたらしいですよ。

今回は、上でも紹介したバコンプリヤ・コーという2つの遺跡を訪ねました。
古い遺跡だけあって派手さはありませんが、時の流れを感じる落ち着きのある寺院です。
アンコールワットやアンコールトムなどの原点を見ることができ、小さい遺跡ながらとても偉大さを感じました。

バコン

まずはバコンにまいりますか!

ロリュオス遺跡群

残念ながら曇だったのでちょっと写真暗いです(>_<)

ロリュオス遺跡群

バコン!

これがアンコールワットの原型か〜
こういうピラミッド型の寺院は、バコンが王朝初らしいですよ!

「アンコール遺跡の原点『ロリュオス遺跡群』の偉大さを感じた/カンボジア一人旅」の続きを読む>

まるでラピュタのような『ベンメリア』!密林に埋もれた巨大遺跡/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目はシェムリアップ周辺の中距離遺跡巡りですヽ(=´▽`=)ノ

中距離遺跡2つ目は密林に埋もれた巨大遺跡、ベンメリア!!
まるで天空の城ラピュタのような景観なんですよ。
寺院の修復や樹木の伐採はほとんどしておらず、寺院発見当時のままを見ることができます。
モデルになったのでは?という噂もあり、中距離遺跡ながら最近じわじわ人気上昇中らしいです♪
ガイドブックに小さく掲載されているのが不思議なくらい!

私は中距離遺跡もトゥクトゥクで移動したのですが、
1つ目に訪れたバンテアイ・スレイから40分ほどで着いたと思います。
シェムリアップからだと100分くらいかな?
車で行くか迷っている方もいらっしゃるかと思うので、
トゥクトゥクでの移動については「トゥクトゥクで中距離遺跡へ!料金や注意点も」をぜひご覧ください(*^_^*)

ベンメリアはアンコールワットの構造に似ていることから「東のアンコールワット」とも呼ばれているそうです。
ベンメリアは「花束の池」という意味らしいですよ。ステキな名前ですね(*´∀`*)
なんと、ベンメリアの地雷撤去は最近終了したばかりだそう。

ベンメリアはアンコール遺跡のチケットでは入場できませんのでご注意ください。
ベンメリアのチケットはUS$5になります。(2015年1月現在)
車で行った場合は$2.5の道路使用料も必要だそうです。

ベンメリア

ベンメリアに到着すると蛇神のナーガがお出迎え(*^_^*)

ベンメリア

入口では地元の名産品が売ってました。

ベンメリア

!!!

「まるでラピュタのような『ベンメリア』!密林に埋もれた巨大遺跡/カンボジア一人旅」の続きを読む>

東洋のモナリザが美しい…『バンテアイ・スレイ』はクメール美術の最高峰/カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅2日目がスタートです!
2日目はシェムリアップ周辺の中距離遺跡を巡りたいと思います(*´∀`*)

私は中距離遺跡もトゥクトゥクで移動しました!
車で行くか迷っている方もいらっしゃるかと思うので、
トゥクトゥクでの移動については「トゥクトゥクで中距離遺跡へ!料金や注意点も」をぜひご覧ください(*^_^*)

中距離遺跡の一つ目はバンテアイ・スレイです!!
クメール美術の最高峰と言われるだけあってとても美しい遺跡なんです♪

バンテアイ・スレイ

入口の道が赤いのわかりますか?
バンテアイ・スレイは赤い砂岩でできた遺跡だそうですよ!
今まで見た遺跡とは違う匂いがぷんぷんします。

バンテアイ・スレイ

いよいよバンテアイ・スレイの内部に潜入です!

バンテアイ・スレイ

おっとその前に、上のレリーフもすごくないですか?
繊細さに目を奪われます。

バンテアイ・スレイ

潜入です。

バンテアイ・スレイ

こちらはヨニと呼ばれる女性器を表した像です。
きれいな状態で残っていますね。

「東洋のモナリザが美しい…『バンテアイ・スレイ』はクメール美術の最高峰/カンボジア一人旅」の続きを読む>

夕日に染まるアンコールワットが美しすぎる(*´∀`*)@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

カンボジア一人旅1日目にして2回目のアンコールワットへ!

1回目はアンコールワットの日の出を見に行ってすごく感動しました(T-T)
日の出の撮影のコツなどもご紹介してますのでこちらもぜひご覧ください♪
アンコールワットから日の出を拝む!撮影スポットとコツも紹介♪

2回目の今回はアンコールワットの夕日、サンセットを見に行きました!!
オレンジ色に染まるアンコールワットは一味ちがいます!
朝日や午前中の光もいいですが、夕日の柔らかい光もまたいいんですヽ(=´▽`=)ノ

下はアンコールワットの中の地図で、左側の西塔門が正面の入口になります。
アンコールワットは結構広いんですよ!

アンコールワットの地図
引用:クロマー「アンコールワット」

アンコールワット

午後は正面とは反対の入口から入りました。
上の地図の右側ですね。

アンコールワット

お坊さんもお散歩でしょうか(*^_^*)

アンコールワット

反対の入口にある遺跡も時間を感じて個人的にはすごく好きです。

アンコールワット

アンコールワットの中心部に向かって歩きます。

「夕日に染まるアンコールワットが美しすぎる(*´∀`*)@カンボジア一人旅」の続きを読む>

神秘的!『タ・プローム』は巨木の根が絡まるアートな遺跡@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回はアンコールトムについて書かせていただきましたが、
今回ご紹介する遺跡もすごいんです!!

タ・プロームという巨大寺院なのですが、
長い間ジャングルの奥地で放置されていたので
巨木の根っこが遺跡に絡みついてなんとも神秘的なのです(*´∀`*)
それはまるでアートですよ!

圧巻のタ・プロームは、映画「トゥーム・レイダー」の舞台にもなってます(*^_^*)

ではでは、早速神秘的なタ・プロームをご覧ください!

タ・プローム

こちらがタ・プロームの入口です。
やっぱり顔ですね!

タ・プローム

長い参道がワクワク感を増幅させますね。

タ・プローム

いきなり立派な木がお出迎えです。

タ・プローム

お坊さんも井戸端会議ですかね。

「神秘的!『タ・プローム』は巨木の根が絡まるアートな遺跡@カンボジア一人旅」の続きを読む>

巨大な都城『アンコールトム』は歴代の王が手がけた個性豊かな遺跡群@カンボジア一人旅

今回の旅行記はアンコールトムという、アンコール王朝最盛期の都跡です。
前回はその中心にあるバイヨンについて書きましたが、アンコールトムにある遺跡はバイヨン以外にもたくさんあるんです!

アンコールトムは「大きな都城」を意味する巨大な宗教都城で、歴代の王が街をつくることでいろんな世代の寺院を見ることができます。
同じアンコールトムの中にある遺跡ですが、寺院形態や建築様式が遺跡によって異なるのはおもしろいですよね(*^_^*)
巨大だけあって一辺が3kmなので相当広いです!
下はアンコールトムの地図で遺跡がたくさんあることがわかります。

アンコールトム
引用:クロマー「アンコールトム」

バイヨン

アンコールトムの中心にあるバイヨンについては別で詳しくご紹介しています!
バイヨンの遺跡はこちらをご覧ください(*^_^*)
顔だらけ!アンコールトムのバイヨンは不思議な遺跡

その中から少しご紹介するとこんな感じ♪

アンコールトム

アンコールトム

今回はバイヨン以外の魅力的な遺跡もご紹介していきたいと思います(*´∀`*)

バイヨンを満喫した後、歩いて他の遺跡がある場所へ向かいました。

アンコールトム

バイヨンからバプーオンという遺跡に向かう途中にあったお寺。
地元の人がお昼ご飯を食べながらおしゃべりしていて楽しそうでした(^_^)

バプーオン

バプーオン

バイヨンから少し歩くとバプーオンという遺跡が見えてきました。
バプーオンは本殿までの長ーい空中参道が特徴です(*^_^*)

「巨大な都城『アンコールトム』は歴代の王が手がけた個性豊かな遺跡群@カンボジア一人旅」の続きを読む>

顔だらけ!『アンコールトム』のバイヨンは不思議な遺跡@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回はアンコールワットについて書かせていただきましたが、
カンボジアの遺跡はアンコールワットだけじゃないんです!!

次に向かったのはアンコールトムという、アンコール王朝最盛期の都跡です。
アンコールトムは下記のように広い敷地の中に遺跡がたくさんあります。
一辺が3kmなので相当広く、敷地の中もトゥクトゥクで入り、ご飯屋さんなどのお店もあるんですよ。

アンコールトムの中心にあるのがバイヨン!!
この遺跡がとても不思議なんですよ(*´∀`*)

アンコールトム
引用:クロマー「アンコールトム」

まずはアンコールワットからアンコールトムへ向かいます!

アンコールトム

カンボジアは1月でも暑いのでトゥクトゥクの風がきもちいい〜(*´∀`*)
この移動時間は遺跡観光で歩きまわった後の休憩にもなります。

アンコールトム

自転車で移動している方もチラホラ!
私も挑戦しようか迷って色々調べましたが、遺跡内でも結構歩くだろうなと思いトゥクトゥクにしました。
すごく楽ちんです(笑

アンコールトム

アンコールトムの入口、南大門です。
こんなに迫力のある門ははじめて!

アンコールトム

道の左右にはナーガという蛇神を引いている像があって、こちらも迫力満点。
止まってもらって写真を何枚かとりました。

アンコールトム

バイヨンへ向かう途中にいたバナナを売ってる子どもたち。
おしゃべり中です(笑

お腹もすいたのでここでランチタイム!!

アンコールトム

アンコールトムの中にあるご飯屋さんに連れて行ってもらいました。
基本的に観光客の行くお店なのでご飯の値段はかなり高め(>_<)

アンコールトム

本当はクイティウ・タゥという朝食に食べる米麺料理を食べたかったんですが、
時間帯の問題かそのお店にはなかったので似ているという他の麺料理を注文しました。
これで500円くらいです。
味は馴染みのある優しい味でした(*^_^*)
野菜は結構固め。

アンコールトム

満腹になったので、あたりをちょっとだけ散策。
カンボジアにはいたるところにハンモックがあって、みんな気持ちよさそうに寝てます(*^_^*)

アンコールトム

カンボジアの子供たちは本当に無邪気でかわいい♪

アンコールトム

同じ場所でお買い物もできるんですね。

HPが回復したのでいよいよアンコールトムの中心、バイヨンへ行きますか!!

アンコールトム

こちらがバイヨンの入口。正面とは逆側から入りました。

「顔だらけ!『アンコールトム』のバイヨンは不思議な遺跡@カンボジア一人旅」の続きを読む>

アンコールワットの中心部へ!象徴である塔は圧巻です@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回はアンコールワットの日の出レリーフが美しい第一回廊について書かせていただきました(*´∀`*)
日の出の撮影のコツや美しいレリーフ(浮き彫り細工)の写真を掲載してますのでこちらもぜひご覧ください♪
アンコールワットから日の出を拝む!撮影スポットとコツも紹介♪
アンコールワットの回廊へ!レリーフから物語を知る

今回はアンコールワットの中心部についてご紹介しますヽ(=´▽`=)ノ
下はアンコールワットの中の地図です。
主に第三回廊の中心にある中央祠堂、十字回廊の写真をご覧いただきたいと思います!

アンコールワットの地図
引用:クロマー「アンコールワット」

いよいよアンコール・ワットの中心部、中央祠堂へ潜入です!!

アンコールワット

中央祠堂はこんな感じで第三回廊に囲まれてます。

アンコールワット

第三回廊から中央祠堂への入口。

アンコールワット

壁には女神のレリーフがたくさん。

アンコールワット

美しいですね(*^_^*)

「アンコールワットの中心部へ!象徴である塔は圧巻です@カンボジア一人旅」の続きを読む>

アンコールワットの回廊へ!レリーフから物語を知る@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回はアンコールワットの日の出を見に行ってすごく感動しました(T-T)
日の出の撮影のコツなどもご紹介してますのでこちらもぜひご覧ください♪
アンコールワットから日の出を拝む!撮影スポットとコツも紹介♪

今回はついにアンコールワットの内部へ潜入です!!
特に第一回廊のレリーフ(浮き彫り細工)がすごいんです(*^_^*)

アンコールワットの中の写真をすべて掲載するとすごい量になるので…
第一回廊周辺をまずはご覧いただきたいと思います!
下はアンコールワットの中の地図です。

アンコールワットの地図
引用:クロマー「アンコールワット」

アンコールワット

アンコールワットのサンライズを存分に楽しんだので、
アンコールワットの中にも潜入したいと思います!

アンコールワットの正面は午前中逆光になるのでご注意ください。
でもそのせいか人は空いてるので個人的には午前中もオススメですよ(*´∀`*)

回廊のレリーフは午前中にゆっくり見て、午後また正面の外観を撮影にくるのもいいと思います。
私は、朝、午前、午後、夕と別の日も使って色んな時間帯のアンコールワットを訪れましたヽ(=´▽`=)ノ

アンコールワット

振り返ると朝暗くて見えなかった「中央西塔門」が見えます。

アンコールワット

てくてくとアンコールワットの正面の入り口へ向かいます。

アンコールワット

こちらが正面入口。

アンコールワット

素敵な女性のレリーフがお迎えしてくれます。

アンコールワットの第一回廊

入って横を向くとすぐに第一回廊です。

アンコールワットの第一回廊

壁にはレリーフがびっしり(゚д゚)!
レリーフには物語があるので正面右側から進むといいみたい。

「アンコールワットの回廊へ!レリーフから物語を知る@カンボジア一人旅」の続きを読む>

アンコールワットから朝日を拝む!撮影スポットとコツも紹介@カンボジア一人旅

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

いよいよ今回からカンボジア一人旅の旅行記がスタートします!!

カンボジアと言えばアンコールワットですよね(*´∀`*)
アンコールワットはシェムリアップという州にあります。
(ちなみにカンボジアの首都はプノンペン)

カンボジア旅行記の最初はアンコールワットの朝日をお届けしたいと思います(*´艸`*)

【更新情報】
2016.06.24 日の出の時間の調べ方について追加しました。

カンボジアへは成田空港から上海経由で約9時間。
夜中シェムリアップ国際空港に到着し、お願いしていたホテルの送迎サービスで何はともあれホテルに向かいました。

トゥクトゥク

無事ホテルの人に会えてピックアップ(送迎)サービスのトゥクトゥクでホテルへ。
トゥクトゥクはオートバイの後ろに人が座れる椅子をつけた乗り物で初体験でした♪

カンボジアの風を感じながらトゥクトゥクにゆられていると途中予約したホテルの道と違う。。?
確認したところ、同じグループのホテルに変更になったとか。。
先に言ってくれないと夜中に一人で不安になるよ(>_<)

観光でホテルのトゥクトゥクを利用する場合は、基本的に送迎サービスで来てくれた人が担当になるみたいですね。
明日の予定を聞かれたので「アンコールワットのサンライズを見に行きたい」と言ったところ、「じゃあ、明日朝5時ね。」と言われて「はや!」(゚д゚)!
この時すでに0時過ぎてたし1月の日の出は6時30分だったので、ちょっとしぶって5時30分集合にしてもらいました(笑

【2016.06.24 追記】
日の出の時間ですが、Google先生に「シェムリアップ 日の出」とかで聞くとすぐでてきます!
Googleの検索結果に表示される時刻は現在のものなので、旅行時期の日の出を調べる場合は「○月」まで含めて検索するとよいかと思います!
(kenjiさん、ご質問ありがとうございます!)

「アンコールワットから朝日を拝む!撮影スポットとコツも紹介@カンボジア一人旅」の続きを読む>