タグ: 一人旅

眞鍋かをりさんの一人旅の本「世界をひとりで歩いてみた」を読んで共感!

エトワール凱旋門

こんちは、ホクホク(@hkhksan)です。

眞鍋かをりさんが2013年12月にだした一人旅の本「世界をひとりで歩いてみた――女30にして旅に目覚める」を読みました!

というかもうとっくに読んではいたんですが、ようやく本の感想を書ける時間ができたので筆をとった(キーボードを打った)次第です(>_<)

なぜ眞鍋さんが一人旅に出かけようと思ったのか、赤裸々な悩みなんかも書かれていました。
年齢だけでは言い切れないですがやっぱり30っていろんな節目になると思います。
一人旅だけではなく同じ年代の女性としても共感しまくりでした。

本の中ででてくる国はこちらです!
フランスとベトナムは私も一人旅で行った国ですね(*´∀`*)
トルコも行きたいですが、ちょっと怖いかなぁ。

眞鍋かをりさんが一人旅の本をだした!

今年もあと少しですよー。こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

前から女一人旅をしているのをブログで見て注目していた眞鍋かをりさん。

そんな眞鍋かをりさんが一人旅の本をだした!

わー!これは絶対読む!!!

ブログも面白いのでぜひー

眞鍋かをり Official Blog

今回初めてamazonの電子書籍「Kindle」で購入してみました(*´∀`*)

ゴロゴロしながらスマホ片手に本が読めるなんて…

とりあえず第一章を読みました!

第一章のメインは「パリ」の話でしたよー 「眞鍋かをりさんが一人旅の本をだした!」の続きを読む>

私のフランス一人旅!魅力的すぎるフランスは一度じゃ見尽くせない(旅行記まとめ編)

シャン・ド・マルス公園とエッフェル塔

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

去年一人旅デビューをして3回目の旅は「フランス」です(*^_^*)

今までで一番長い一人旅でしたが、ホームシックになることもなくマイペースに楽しんできましたヽ(=´▽`=)ノ

フランスは見どころも多く、何回も足を運びたくなる!という人が多い理由もわかりました。

これからフランスへ旅行を考えているみなさんのお役に少しでも立てればいいなと願いながら、フランス一人旅の旅行記をまとめたいと思います☆

フランス旅行記まとめ

※旅行記のリンクは別ウィンドウで開きます。

1日目 パリ

フーケッツ
初フランスへ女一人旅♪シャンゼリゼ通りで美味しい朝食

エトワール凱旋門
凱旋門に圧巻!シャンゼリゼ通りからついに凱旋門へ

シャン・ド・マルス公園とエッフェル塔
憧れのエッフェル塔へ!公園でまったり女一人旅

「私のフランス一人旅!魅力的すぎるフランスは一度じゃ見尽くせない(旅行記まとめ編)」の続きを読む>

圧巻!ルーヴル美術館&オルセー美術館でみる最高の芸術たち@パリ一人旅

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回の続き、フランス一人旅はいよいよ最終日となってしまいました( ;∀;)

最終日は美術館巡りです(*´∀`*)

ルーヴル美術館オルセー美術館に行って来ました!!

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館
パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅をでると目の前はルーヴル美術館です!

ルーヴル美術館
ルーヴル美術館のリシュリュー翼側にでます。

ルーヴル美術館
リシュリュー翼にも美術館内への入り口があるのですが、こちらは人が少なく穴場なのでオススメです(*´∀`*)

ただし、前売り券所持者と団体専用の入り口になるので、前回ご紹介した「パリ・ミュージアム・パス」を購入していればすんなり入場することができます!
パリ・ミュージアム・パス!ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿などのファストパスに変身

逆のドゥノン翼側の入り口も中央のピラミッドに比べると空いているみたいですよ。

ルーヴル美術館
入場までまだ時間があるので、ルーヴル美術館の中央にある有名なピラミッドを見に行きたいと思います。

ルーヴル美術館
ピラミッド! 「圧巻!ルーヴル美術館&オルセー美術館でみる最高の芸術たち@パリ一人旅」の続きを読む>

エッフェル塔のきらきらシャンパンフラッシュ(著作権に注意)@パリ一人旅

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

【更新情報】
2017.09.15 弁理士の著作権の解釈について追記しました。

2017.09.13 夜のエッフェル塔の著作権について追記しました。

前回のヴェルサイユ宮殿からパリに戻って、エッフェル塔のライトアップを見に行きました(*^_^*)

女一人旅なので基本夜は出歩かないのですが、昼間に周辺を歩いてみて治安も確認しつつ観光客も多いので今回は行ってみようと決めました。

エッフェル塔のシャンパンフラッシュ

エッフェル塔のライトアップを見ようと思い6時くらいには到着したのですが、まだ明るかったので休憩がてら早めの夜ご飯を食べて時間をつぶしました。

フランスは夜9時近くまで明るいので、なかなか夜にならない!

エッフェル塔は1時間に1回「シャンパンフラッシュ(*´ェ`*)」といってキラキラ輝くようなイルミネーションが見れると聞いたので、一番早い夜9時のシャンパンフラッシュを狙います。

早めに行ってベストポジションを!

エッフェル塔

少し暗くなってきた頃、近くのシャイヨー宮から見たエッフェル塔です。 「エッフェル塔のきらきらシャンパンフラッシュ(著作権に注意)@パリ一人旅」の続きを読む>

パリ・ミュージアム・パス!ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿などのファストパスに変身

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

フランスへ一人旅に行った時に便利すぎて感動したチケットがあるのでご紹介したいと思います。

その名は、、、「パリ・ミュージアム・パス」!!

【更新情報】
2017.12.05 日本語サイトで購入した場合の料金を追記しました。
2017.11.15 パリ・ミュージアム・パスの注意点とメリットを更新しました。

2017.11.15 パリ市内での購入場所と料金を更新しました。
2017.10.26 ノートルダム寺院の使用可能エリアについて追記しました。

パリ・ミュージアム・パスがすごい

パリ・ミュージアム・パスとは、パリ市内やパリ近郊の観光名所で使えるフリーパス券です。

にしても便利すぎるこのチケット、このパス1枚で主要な観光スポットはほぼ網羅していると言っても過言ではありません。

さすが観光客が多いパリ。

フリーパス券はよく聞きますが、ここまで使える範囲が広いのは珍しいんじゃないでしょうか?

パリのルーヴル美術館を含めた多くの芸術だけでなく、凱旋門ノートルダム寺院などの建造物でも使えるんです(*^_^*)

さらに、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でも使えます!

パリ・ミュージアム・パス 「パリ・ミュージアム・パス!ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿などのファストパスに変身」の続きを読む>

ヴェルサイユ宮殿のお庭で不思議の国のアリス気分

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回は豪華すぎるヴェルサイユ宮殿の中についてでしたが、お庭も見てきたのでまるでアリスの国にいるような風景をぜひ写真でお見せ出来ればなと思ってます(*^_^*)

ちなみに前回のヴェルサイユ宮殿の写真はこんな感じ(*´∀`*)

鏡の回廊
豪華すぎる!ヴェルサイユ宮殿へ行く

パリからヴェルサイユまでは個人手配で行きまので、自力でヴェルサイユ宮殿へ行こうか迷っている方はぜひこちらもご覧ください。
ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法

ヴェルサイユ宮殿のお庭はアリスの国

ヴェルサイユ宮殿の噴水

お庭の入り口からまずお出迎えしてくれるのが、この噴水です。

ヴェルサイユ宮殿の噴水

この銅像は涼しげですが、この日はめちゃくちゃ暑かった…( ;∀;)

「ヴェルサイユ宮殿のお庭で不思議の国のアリス気分」の続きを読む>

豪華すぎる!ヴェルサイユ宮殿へ行く

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

今回は少しばかりパリを離れ、宮殿と言えばまっさきに思い浮かぶだろう有名な「ヴェルサイユ宮殿」に行ってきました!

パリからヴェルサイユまでは電車で30分くらいで、個人手配で行きました(*^_^*)
自力でヴェルサイユ宮殿へ行こうか迷っている方はぜひこちらもご覧ください。
ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法

いざ、ヴェルサイユ宮殿へ!

最寄り駅から15分くらい歩くとヴェルサイユ宮殿へ続く広い道に入り、目の前にはどでかい宮殿がみえてきました。

ヴェルサイユ宮殿

夏休み期間だったので人も多く、晴天はよかったんですがかなり暑い(>_<)

ヴェルサイユ宮殿

さらに進むと一番最初の門がお目見えです。
この先でチケットを購入したり、入場待ちしたりします。

「豪華すぎる!ヴェルサイユ宮殿へ行く」の続きを読む>

ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

少しばかりパリを離れ「ヴェルサイユ宮殿」に行ってきました(*´ェ`*)
パリからヴェルサイユはでは電車で30分くらいです。

ヴェルサイユ宮殿への行き方やチケットの予約方法など調べた情報をせっかくですのでご紹介したいと思います(*^_^*)

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿について

まずは複雑なヴェルサイユ宮殿について説明したいと思います。
最新の情報は必ず公式サイト(英語)もご確認ください。
かなり情報が充実していますので、翻訳機能を使っても必読かと思います!

※画像はクリックすると拡大します。

見学エリア

ヴェルサイユ宮殿の敷地はとてつもなく広いです。
大きく区切ると見学エリアは以下のようになります。
こちらの公式サイトでは各エリアをクリックすると詳細が表示されます。

  • ヴェルサイユ宮殿(The Palace) ※オレンジ色
  • 庭園(The Gardens) ※緑色
  • トリアノン宮殿(Trianon Palaces) ※ピンク色(庭園の奥)

ヴェルサイユ宮殿内の見学は日本語のオーディオガイド付きなので嬉しいですね(*^_^*)
地図の画像を見るとヴェルサイユ宮殿がかなり小さく感じますが、いえいえ他が広すぎるのです。

トリアノン宮殿とは、大トリアノンとマリーアントワネットの離宮(小トリアノン)の総称になります。

「ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法」の続きを読む>

芸術家が集まる丘、モンマルトルで街散歩@パリ一人旅

花粉症が年々ひどくなっている、ホクホク(@hkhksan)です。

前回は丘の上に立つ「聖なる心臓」という名の真っ白なサクレ・クール寺院へ行きました(*^_^*)
丘の上に立つ聖なる心臓、真っ白なサクレ・クール寺院

サクレ・クール寺院

そのサクレ・クール寺院があるモンマルトルという街は芸術家が集まる場所のようなので、街も散策してみることにします(*´∀`*)

芸術家が集まるモンマルトルを散歩

モンマルトル

サクレ・クール寺院から少し歩くと、パリの中心部とはまた違った雰囲気のかわいらしい街がありました 「芸術家が集まる丘、モンマルトルで街散歩@パリ一人旅」の続きを読む>