※2018/03/09 最終更新

ども、ホクホク(@hkhksan)です。

今回は少しばかりパリを離れ、宮殿と言えばまっさきに思い浮かぶだろう有名な「ヴェルサイユ宮殿」に行ってきました!

パリからヴェルサイユまでは電車で30分くらいで、個人手配で行きました(*^_^*)
自力でヴェルサイユ宮殿へ行こうか迷っている方はぜひこちらもご覧ください。
ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法

いざ、ヴェルサイユ宮殿へ!

最寄り駅から15分くらい歩くとヴェルサイユ宮殿へ続く広い道に入り、目の前にはどでかい宮殿がみえてきました。

ヴェルサイユ宮殿

夏休み期間だったので人も多く、晴天はよかったんですがかなり暑い(>_<)

ヴェルサイユ宮殿

さらに進むと一番最初の門がお目見えです。
この先でチケットを購入したり、入場待ちしたりします。

ヴェルサイユ宮殿

にしても宮殿見えてから入り口まで長すぎる!

ヴェルサイユ宮殿

入場待ちの列。炎天下でとにかく暑かった。
チケットを事前に持っていなかった人はさらに購入の列にも並ばないといけないので、これは事前予約必須ですね(> <)

パリ・ミュージアム・パス

私はヴェルサイユ宮殿にこの「パリ・ミュージアム・パス」で入場しました(*^_^*)
このチケットがあれば、ルーヴル美術館やオルセー、オランジェリー美術館だけでなく凱旋門やノートルダム大聖堂の塔にまでのぼれちゃうんですよ!
2日券で35€なのであらかじめ計画的に動けばかなりお得に観光できちゃいます(*´∀`*)

【2017.10.27 追記】
パリ・ミュージアム・パスは徐々に値上がりしているようです(> <)
お得に観光するというよりはファストパスとして時短で入場したい方におすすめです!
パリ・ミュージアム・パスの詳細はこちらをご覧ください。
パリ・ミュージアム・パス!ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿などのファストパスに変身

【2017.07.12 追記】
お昼頃ヴェルサイユに到着した方は、入場まで2時間半も並んだそうです(゚д゚)!
早く入場するための対策は必須ですね。
私のようにパリ・ミュージアム・パスを使う、朝早く並ぶ、ツアーに申し込むなど。
隣の団体受付はすぐに入れていたそうなので、パリから少し遠いですし、面倒であればヴェルサイユ宮殿だけ半日ツアーを申し込むのもよいかもしれません。
ツアーだと宮殿を自由に見れないというデメリットもありますので、よく検討してみてください(>_<)
(みみさん、情報ありがとうございます!)

【2017.12.11 追記】
現在はテロ対策により入場する前にセキュリティチェックが入りますのでご注意ください。
広場の真ん中にセキュリティチェックのブースがあるのですぐわかると思います!

ヴェルサイユ宮殿

キンキラキンに輝いているのが宮殿の敷地内に入る門ですね。
門は閉鎖されているので実際はその横にある入口から入ります。

ヴェルサイユ宮殿

入場が待ち遠しー。
一人旅だと行列に並んでいるとき抜けられないので早く進むのを祈るばかりです。

ヴェルサイユ宮殿

にしてもすごい輝き(*´ェ`*)どうやってこの輝きを保ってるんでしょう。

ヴェルサイユ宮殿

一番上に王冠のようなものがのっていますね。美しい(*´ェ`*)

ヴェルサイユ宮殿

装飾かわいいな、と思っていたら顔が。

ヴェルサイユ宮殿

いよいよ入場間近です(・∀・)

ヴェルサイユ宮殿

宮殿の敷地内にIN!

ヴェルサイユ宮殿

宮殿の周りにある建物もいちいちすごいです。

ヴェルサイユ宮殿

さっきの門を宮殿側からみるとこんな感じ。
とにかく広い。

ヴェルサイユ宮殿

入場の列に比べると宮殿内の人が少ないなー、と思っていたら、暑すぎてみんな日陰に集まっているだけでした笑

ヴェルサイユ宮殿

すごい豪華!ゴールドがピカピカ光ってます(*´ェ`*)

ヴェルサイユ宮殿

ゴールドと彫刻。
こんな豪華な建物は今まで見たことないです(゚д゚)!

ヴェルサイユ宮殿

美しいです。

ヴェルサイユ宮殿

時計のゴールドとブルーの組み合わせもシャレオツですよね。

ヴェルサイユ宮殿

日差しが強かったお陰で建物の写真をじっくり撮影することができました(*^_^*)
宮殿に入る入口は右側なんですが、みんな日陰側で休憩中。入らないんですかね笑
(現在個人客の入り口は左側になったようなのでご注意ください)

きらびやかなヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

まず入ると長い廊下からたくさんの彫刻がお出迎えしてくれます。

ヴェルサイユ宮殿

日差しもよりキラキラして見えます(*´ェ`*)

王室礼拝堂

こちらが王室の礼拝堂です。結婚式やミサなどが行われていたそうです。

王室礼拝堂

ドアは厚みがあってゴールドが輝いてます。

ヴェルサイユ宮殿

窓からはちらっと庭園が見えますね。

ヘラクレスの間

ここはヘラクレスの間です。天井一杯に絵が描いてあります。

ヘラクレスの間

この天井画はルイ14世時代の最高傑作と言われているそうです。

ヘラクレスの間

おっきーい。どうやって描いたんでしょうか。

ヴィーナスの間

こちらはヴィーナスの間です。天井が額縁となって色んな絵が飾られています。

ディアーヌの間

こちらはディアーヌの間。人ぎゅうぎゅう。

ディアーヌの間

ディアーヌとは月と狩猟の女神だそう。

ディアーヌの間

ここはビリヤード場としても使われていたんですって。なんと豪華なビリヤードでしょう。

ディアーヌの間

天井の門にある装飾もすごくないですか?

ディアーヌの間

大理石でできたルイ14世。

マルスの間

こちらがマルスの間です。

マルスの間

かつては音楽会が開かれていて、モーツァルトも演奏会をしたことがあるんだとか。

マルスの間

ルイ15世の王妃、マリー・レクザンスカの肖像。この時代の人は自分大好きです。

マルスの間

美術館以上に絵画があるんじゃないでしょうか。迫力がすごいです。

メルクリウスの間

ルイ14世の寝室だった、メルクリウスの間です。

メルクリウスの間

シャンデリアがキレイです(*´ェ`*)

アポロンの間

こちらはアポロンの間です。

アポロンの間

ルイ16世の貫禄がすごいです。

戦争の間

こちらは戦争の間です。

戦争の間

中央のオブジェが急に近代的になってびっくりしました。

戦争の間

このルイ14世が「ベルサイユのばら」のオスカルのモデルになったと言われているそうです。

オスカール!!

庭園

窓から庭園を眺めて少し休憩です。庭も広い…

鏡の回廊

こちらは圧巻の鏡の回廊です。宮殿の中でもメインの場所ですね。

鏡の回廊

20120818_263

長い回廊の上には絵画と豪華なシャンデリアがずらりです。

鏡の回廊

これぞ宮殿!!

鏡の回廊

回廊の後半に急に現れた巨大ハイヒール。

お鍋の蓋でできていて家事をする主婦と女性の部分を表現したそうですよ。
なるほど~

王の寝室

こちらは王の寝室です。

王の寝室

天井では男性が華麗なダンスを披露しています。

王の寝室

ルイさん、落ち着いて寝れましたか?

平和の間

こちらは平和の間。

平和の間

赤いこのオブジェはどのタイミングでつけたのかしら。

王妃の寝室

王妃の寝室はかわいらしいです(*´ω`*)

貴族の間

こちら貴族の間です。

貴族の間

マリー・アントワネットにより大改装されたんだとか。

大膳式の間

食事をした大膳式の間には当時のテーブルが再現されていました。

大膳式の間

マリー・アントワネットさんが子どもたちとたわむれています。

大膳式の間

海老…ですよね。

大膳式の間

ライオン…ですね。

大膳式の間

謎が深まったところで窓から庭園を眺めることにします。アリスの国みたい♪

祭典の間

いよいよ最後のお部屋は、祭典の間です。

祭典の間には「ナポレオン1世の戴冠式」が飾られていました。

後日ルーヴル美術館に行ったら同じ絵があって「あれ?」と思っていたら、ヴェルサイユ宮殿のこちらの絵は2作目なんだとか。

この前池上彰の番組でルーヴル美術館の特集をやっていたんですが、それによると、本当の戴冠式はナポレオン1世が自分で自分の頭に冠をのせちゃったので、親がそのまま絵にしたら恥ずかしいってことで王妃に冠をかぶせる絵にさせたんだって。

ナポレオン1世の戴冠式なのになんでだろうってそういえば思ったんですよね。スッキリ!

祭典の間

向かいにもこんな大きな絵が飾られていました。

大きな絵に挟まれて、祭典の間の迫力と言ったらすごかったです。

さて、次はヴェルサイユ宮殿の庭園の散策に行きますかね(*^_^*)

ヴェルサイユ宮殿のチケット予約方法や行き方はこちらにまとめていますので、個人手配にするか迷っている方はぜひご覧ください。
ヴェルサイユ宮殿への行き方とチケット予約方法

ヴェルサイユ宮殿の旅行記

ヴェルサイユ宮殿に関連する旅行記も参考までにぜひご覧ください( ´∀`)

よろしければパリモンサンミッシェルの旅行記もぜひ。

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。