※2018/01/10 最終更新

こんばんは、ホクホク(@hkhksan)です。

前回の日記「千と千尋の神隠し!台湾の『九份』にいざ出発」の続きです(*^_^*)

九份』の階段を登ると展望スペースがありました。

九份の展望スペースから住宅地へ

九份の展望スペース

さらに奥に進むと眺めのいいカフェや民宿がたくさんあります。

九份の民宿

さらにさらに進むと観光っぽい雰囲気とはちょっと違って静かな道があります。

住宅地っぽいですが、現地のリアルな生活ってちょっと気になるのでのぞいてみることにしました。

どきどき。

九份住宅地への道

これはホテルですかね。建物がかっこいいです♪

九份の建物

ここにも民宿と…石?

九份の民宿

と思っていたら隣の窓から猫ちゃんが(*´ω`*)

猫

めっちゃかわいい~(*´∀`*)

職人さんらしき人が何やら絵を書いてます。

どうやら石を削って似顔絵などを書いてくれる商売のようです。

ガイドブックが開いて置いてあったのでちゃんとアピールしてありました。

にしても猫ちゃんがかわいい

猫

職人さんのアピールグッズの上で寝だしました。

くぅ~かわいいやつ!

猫

あまりのかわいさに猫の動画も撮ったんでここに30分はいたでしょうか笑

でも石削りはやらなかったけど…ごめんなさい。

さて、先に進もう。

これは本屋さんの看板ですかね。クジラが苦しそうです。

九份の書店看板

街の本屋さんって感じですねっ。

九份の本屋

さらに上に上がる道があります。

九份の道

お寺的な?

九份の寺

工場的な?なんか怖い。

九份の工場

住宅地とタイトルに書いておきながら前置きが長かったですね(^^ゞ

九份の住宅地を覗いてみる

細道を下ると家がたくさん並んでました。

ここにも猫ちゃん(*´ω`*)

九份の住宅地の道

台湾は「猫カフェ」の発祥地なんですよね。

こんなにたくさん猫がいるのにお茶してるときまで眺めていたいなんてホント猫好きですね~。

こっちの道にはしゃれおつなランプが飾ってあります。

しゃれおつなランプ

壁の感じが歴史を物語ってますね。

家の壁

屋根に干してます。早く乾きそう。この木は何に使うんだろう。

洗濯物

こっちの道には椅子が置いてあります。一休み一休み。

椅子

お隣さんとの距離が近いです。

細道

住宅地の中にこんなにステキなスペースを発見しました(*^_^*)

九份に住んでいる方々の憩いの場なんですかね。

九份の憩いの場

もうちょっと場所を移動するとさっきの展望スペースが見えます。

九份の展望スペース

道案内ありがとう。

道案内

お、おじさん!!

九份のおじさん

九份の街に癒されていたんですね。きっと。

ステキやん。

おじさんが私の視線に気づいていなくなってしまったので同じ場所まで行ってみました。

結構高いぞ!

九份の街

きっとあの山を見て黄昏れていたんでしょう(*^_^*)

九份の山

ステキな苔具合

苔

ステキな階段

階段

これ以上はご迷惑なのでそろそろおいとますることにします。

また石職人の道を通って戻ります。

石職人の道

いや~楽しかった!

こんな風にふらっと行きたいところへ行けてしまうのが一人旅の醍醐味ですよねヽ(=´▽`=)ノ

また赤ちょうちんのある華やかな『九份』へ戻りましょう。

次回は九份の阿妹茶酒館で台湾式のお茶をたしなみたいと思います(*´艸`*)

【追記】
2度目の台北旅行で夜の九份も訪ねたので、ぜひ参考までにご覧ください(*^_^*)
【混雑注意】赤提灯がキレイな夜の九份へ!九份への行き方

九份の旅行記一覧

九份の旅行記はこちらもぜひご覧ください( ´∀`)

では、また!

コメントを残す

※コメントにURLや金額、英語を含むと投稿後すぐに反映されない可能性がございます。管理人の手動承認が必要になりますので、少し遅れて反映されます。