Archive of ‘台湾’ category

赤提灯がキレイな夜の九份へ!!人もすごいので注意@台湾旅行

九份

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2日目の台湾は午後にローカル電車がある十分を満喫した後、夕方からは千と千尋の神隠しの舞台になったのでは!?ということで有名な『九份(チウフェン)』へ向かいます!

以前九份に一人旅で訪れた時は日中に訪ねたので、よくガイドブックに掲載されているような赤い提灯がともった九份は見なかったんですよね。

人もまばらだったので日中でもすごく楽しめたんですが、今回はザ・九份も見てみようということで夜の九份へ向かうことに。

その日は同じエリアにある『十分』へも足を運び、その後夕方から『九份』へ向かいました(*^_^*)
九份と十分どちらも行く予定なら同じ日にまわると効率的に観光できるかと思いますよ!
十分から九份への行き方は簡単なので旅行記と一緒にここでご紹介しますね。

十分も気になる!という方はこちらの旅行記もぜひご覧ください(・∀・)
十分へローカル電車の旅!ランタンや十分瀑布を満喫

赤い提灯がキレイな夜の九份へ!

19時前に九份へ到着!
まだ少し明るいです(*^_^*)

九份

『豎崎路』の階段をのぼります。
長いので足の悪い方はご注意を!

九份

赤提灯がたくさん見えてきました!

「赤提灯がキレイな夜の九份へ!!人もすごいので注意@台湾旅行」の続きを読む>

十分へローカル電車の旅!ランタンや十分瀑布を満喫@台湾旅行

十分

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2日目の台湾は午前中に『台北101』の展望台と『鼎泰豊』の小籠包を味わった後、午後は今回の台湾旅行のメインでもある『十分(シーフェン)』へ向かいます!
わーいヽ(=´▽`=)ノ

十分駅はローカル線の『平渓線(ピンシーシエン)』が通っていて、お店や人の横を電車がスレッスレで通る迫力を味わえるという非常にめずらしい駅なのです!!

十分はランタンでも有名な町で、願い事をランタンに書いて飛ばすと願いが叶うとか叶わないとか(*_*)
十分の近くには台湾のナイアガラと言われる『十分瀑布』という滝もあるのでそこにも行ってみたいと思います!

場所は台北郊外にあり、台北の観光地として有名な『九份』と同じ方面にあるので、九份と十分どちらも行く予定なら同じ日にまわると効率的に観光できるかと思いますよ!

台北から十分への行き方はこちらに詳しくまとめていますのでぜひご覧ください(*^_^*)
台北から十分への行き方!ローカル電車の平渓線で十分へ

では、さっそく十分へまいりましょう!

ローカル電車で十分へ到着!!

ローカル電車に乗って十分へヽ(=´▽`=)ノ

十分

ローカル電車から撮影!
結構観光客たくさんいますね!

十分

十分駅!

十分

線路の横を歩いてみると、電車との距離が近いことがわかりますね〜(*^_^*)

十分

反対側の道へ渡りたい時は停まっている電車の間を横断します!
車みたいですね笑

「十分へローカル電車の旅!ランタンや十分瀑布を満喫@台湾旅行」の続きを読む>

台北から十分への行き方!ローカル電車の平渓線で十分へ

十分

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

二度目の台湾は少しディープな場所へ!
今回の台湾旅行は『十分(シーフェン)』がメインなのです(*^_^*)

【更新情報】
2017.04.16 十分~九份、九份〜基隆のタクシー利用について追記しました。
2017.03.18 瑞芳駅にいる日本語が達者なおじいさんについて追記しました。
2017.03.18 台湾鉄道の予約サイトの決済エラーについて追記しました。
2017.03.18 十分から九份までのあいのりタクシーについて追記しました。
2017.03.11 江ノ電と平渓線の乗車券交流キャンペーンについて更新しました。
2017.03.11 時刻表が見られるサイトをわかりやすいものに変更しました!

2016.02.14 江ノ電1日乗車券と平渓線一日周遊券の交換キャンペーンについて追記しました。

十分は台北郊外にあるランタンで有名な町で、台湾のナイアガラ『十分瀑布』という滝もある観光名所!!

十分駅はローカル線の『平渓線(ピンシーシエン)』が通っていて、電車がスレッスレで通る迫力も味わえるという面白い場所なので非常に楽しみなのです!!

十分へ行くにあたり台北市内から十分への行き方を結構調べたので、せっかくならと自分なりに収集した情報と実体験をもとに十分への行き方をご紹介したいと思います(*^_^*)

場所は台北の観光地として有名な『九份』と同じエリアにあるので、九份と十分どちらも行く予定なら同じ日にまわると効率的に観光できるかと思いますよ!

私が台湾旅行で行った『十分』→『九份』の旅行記も更新次第ここでお知らせしますね☆
更新しました! → 赤提灯がキレイな夜の九份へ!!人もすごいので注意@台湾旅行

それでは十分への行き方をご覧ください!

台北から十分への行き方

調べたところ台北から十分への行き方は色々あるみたいですが、電車を乗り継いで行くのが一般的なようです。

  • 電車…台北駅〜瑞芳駅〜十分駅が王道。約90分。約83元〜(約300円〜)。一番安い。
  • タクシー…約1200元(4300円)。約60分。人数がいるなら割り勘できるし楽。
  • バスと電車…MRT木柵駅(バス)〜平渓線駅(電車)〜十分駅。約60分。約120元(約430円)。

せっかくだから十分駅をスレッスレで通るローカルな平渓線の電車にも乗ってみたい(・∀・)
ということで、私は電車の王道ルートにしました!

電車は台北駅から台湾国鉄に乗って瑞芳駅へ行き、そこから平渓線に乗り換えて十分駅で下車します。(1回乗り換え)

ここからは電車での行き方をご紹介しますね。
電車の種類が少しわかりにくいので、まずは電車について説明します。

できるだけ最新の情報を保てるように更新していきますので、これから台湾旅行を計画している方のためにも、もし気づいた点などあればコメントいただけると嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

「台北から十分への行き方!ローカル電車の平渓線で十分へ」の続きを読む>

台北101で台湾の景色と鼎泰豊の小籠包を一気に満喫(*´ェ`*)@台湾旅行

鼎泰豊

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2日目の台湾は『世紀豆漿大王』で美味しい朝ごはんを食べてパワー全開!
その後朝イチで『台北101』へ向かいます(*^_^*)

台北101は前回の一人旅でも行ったんですが、ビルだけどなんか魅力的なんですよね〜。
竹をモチーフにした外観がとても好きなんです(*´∀`*)

1日目で『國父記念館』や『四四南村』から見える台北101の写真をすでに撮りまくったんですが(笑
2日目に改めて訪ねたのは、今日から合流する旅友が台北101に行きたいというので展望台をとっておいたのもあるんですが、もうひとつ理由が…!

朝イチで展望台へのぼり澄んだ空気のうちに台北の景色を堪能した後、台北101にある『鼎泰豊』へオープン時間に行き並ばずに美味しい小籠包を楽しみたいからヽ(=´▽`=)ノ

私は前回台北101の展望台を訪ねているので、私的な目的は完全に小籠包がメインです!!
前回は下調べが甘く鼎泰豊の行列を見て断念したので今回は絶対食べたいのです〜!

ということで早速台北101へ!!

台湾一高い台北101の展望台から景色を眺める

台北101

ずどーん。

朝は最寄駅側から外観を撮影すると逆光になるので少し移動してみる!

「台北101で台湾の景色と鼎泰豊の小籠包を一気に満喫(*´ェ`*)@台湾旅行」の続きを読む>

台湾の伝統的な朝ごはん「豆漿」と「魯肉飯」で腹ごしらえ!そして雙連朝市へ@台湾旅行

世紀豆漿大王の豆漿

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2日目の台湾スタートー!!
今日から旅友も合流です(*´ェ`*)

まずは腹ごしらえ!ということでホテルから近い『雙連駅』へ(*^_^*)
雙連はシュワンリエンと呼びます。

雙連駅の周辺にはたくさんお店があって、朝市もやってるということなので
ここで朝ごはんを食べてから観光へ向かいたいと思いまーす!

「豆漿」の名店「世紀豆漿大王」

世紀豆漿大王

豆漿(トゥチャン)を調べると必ずと言っていいほど紹介されているお店、
世紀豆漿大王(シィジエドウジアンダーワン)』で朝ごはんですヽ(=´▽`=)ノ

駅からすぐだし、4時から開店しているので朝が早い観光の前にも寄れるのが嬉しい(*^_^*)

地元の人もたくさんいるんですが、観光客だとわかると片言の日本語で対応してくれますよ!
食べたいものを伝えればOK!
ネットで見て食べたかったメニューはないものもありました(>_<)

世紀豆漿大王の豆漿

こちらが注文した豆漿と肉まん!!
サイズ感もちょうどよくて嬉しい♪

豆漿は豆乳のスープで、甘い「甜豆漿(ティエントウチャン)」甘くない「鹹豆漿(シエントウチャン)」の2種類あります。

上の写真は甘くない「鹹豆漿」で、色んな具が入ってます(*´∀`*)
具やスープの固まり具合などはお店によって違うようなので食べ比べてみたい!

豆乳は得意な方ではないですが、美味しかった〜!
優しい塩気がしみわたります。

「台湾の伝統的な朝ごはん「豆漿」と「魯肉飯」で腹ごしらえ!そして雙連朝市へ@台湾旅行」の続きを読む>

台湾最古の夜市へ!饒河街夜市で名物の「胡椒餅」を食す@台湾旅行

饒河街夜市

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2回目の台湾は色んな夜市を楽しむぞー!!
前回は士林夜市しか行かなかったので、他の夜市も行ってみたい!!

ということで台湾で最も古い夜市『饒河街夜市』へ向かいまーす(*´ェ`*)
ラオフーチエクワンクアンイエシーと呼びます。
覚えられない(>_<)

400mくらいの一本道にたくさん屋台が並んでるらしいですよ!!
すごい楽しみ!!

夜市の前にあるお寺でまずは参拝

松山慈祐宮

最寄駅の松山駅へ!
構内はアートです!

松山慈祐宮

夜に旅友と落ち合う予定なんで、夜市へ早めに到着!!
まだ明るい!!
夜市が賑わうのは18時くらいかららしいですよ〜

松山慈祐宮

駅をでると大きい寺院が!
夜市の前に参拝しますか(*^_^*)

松山慈祐宮

『松山慈祐宮』という寺院で航海の神様を祀っているみたいです。

「台湾最古の夜市へ!饒河街夜市で名物の「胡椒餅」を食す@台湾旅行」の続きを読む>

レトロもおしゃれもつまった四四南村☆ファーマーズマーケットに台北101も@台湾旅行

四四南村

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

今回は2回目の台湾!!
もう少しディープな台湾も見てみたい!

ということで台北101の近くにある『四四南村』を訪ねてみました(*´ェ`*)
スースーナンツンと呼びます。

四四南村は歴史的な建物がリメイクされて、レトロな雰囲気と今時のおしゃれな台湾が融合している不思議な場所なんです(*´∀`*)
昔は軍人さんが住んでいて、文化遺産保全地区にもなってるみたいですよ。

前回訪れた國父記念館から歩いて向かいたいと思います!
台北101も経由しつつ全体の写真をパシャパシャ撮りながら四四南村へ!

台北101を眺めながら四四南村へ

國父紀念館

以外と満喫してしまった國父記念館とお別れし、台北101の横を通って四四南村へ向かうことに!
國父記念館は台北101の撮影スポットとしてもオススメ(*^_^*)

台北市政府

國父記念館をでると台北市政府という立派な建物が!
中には台北探索館があって台北の歴史や文化が学べるみたいですよ。

台北市政府

この辺りは市の建物が多いみたいです。

台北101

台北101ー!!!

「レトロもおしゃれもつまった四四南村☆ファーマーズマーケットに台北101も@台湾旅行」の続きを読む>

予想以上に満喫できた國父記念館!衛兵交代式とか台北101とか見どころ多し@台湾旅行

國父紀念館

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

今回2回目の台湾なので、初回で行かなかった歴史的な場所にも行ってみようかなと(*´ェ`*)

孫文の像で有名な『國父記念館』を訪ねてみました〜。
クォフウチーニェンクワンと呼びます。思えられない(>_<)

國父記念館は、中国革命の指導者である孫文を讃えるために建設されたそうです。
孫文は台湾の父とも呼ばれているんですね。
学生の頃授業でもでてきましたよね。あんまり覚えてないけど。。

一応行っとくか〜くらいの感じで訪れた國父記念館ですが、 以外と見どころが多くてさくっと見るどころか2時間はいたんじゃないかな(笑

そんな國父記念館の見どころもご紹介したいと思いまーすヽ(=´▽`=)ノ

見どころ①実は台北101の撮影スポットだった!

最初の見どころなのに國父記念館と関係ないですが。。
個人的に一番テンションあがったので(笑

最寄りの國父記念館駅で降りると正面ではなく裏口が一番近いのでそこから入場しましたー。 國父紀念館

ん、あの奥に見えるのは…。

台北101ー!!!!!

國父紀念館

もしかして國父紀念館って台北101の撮影スポットなんでは、とそわそわしながら正面へ向かいます。

台北101ってデカすぎてちょっと離れないと全体の写真撮れないんですよね。
前回台湾に来た時に展望台は行ったんですが、全体の写真を撮れなかったので今回は!と思ってたんですー。

「予想以上に満喫できた國父記念館!衛兵交代式とか台北101とか見どころ多し@台湾旅行」の続きを読む>

台湾グルメの麺線に初挑戦!と西門町のシンボル西門紅楼をちら見@台湾旅行

西門紅楼

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

2回目の台湾なんですが、今回はもう少しディープな台湾を知りたい(*´ェ`*)
ということで、前回訪れなかった場所や日本にはない台湾フードを求めてやってきました〜。

今回は、若者が集まる街『西門町』です!!
シーメンティンと呼びます。
原宿的なファッション街らしいんですが、残念ながらそちらは見てません(>_<)

西門町にお目当てのお昼ごはんを食べに来たわけです。
ちょっと前におやつのピーナッツ餅を食べてしまったので食べれるかな。。

で、その目的のグルメは『麺線』!!
みなさんは麺線ご存知でしたか??
私は2回目の台湾旅行で知りました〜。

台湾在住の方がブログで、台湾の麺の中で一番好きとおっしゃっていたので気になってたんですよね。
日本には絶対なさそうな台湾フードなのでこれはチャレンジするしかないでしょ!

麺線でお昼ごはん

西門町

お目当ての麺線(ミェンシェン)がある西門町へ到着!!

原宿っぽくはなかったけど、たしかに若者の街って感じ〜。
ゲームの広告がたくさん!

阿宗麺線

駅から少し歩くと麺線のお店、阿宗麺線(アゾンミェンシェン)を発見!!
ミェンシェンって日本語そのままの「めんせん」の呼び方に近いから覚えやすい。

人が結構並んでますがファストフード的な感じで回転が早いのでご安心を(・∀・)
食べる場所は店の前に椅子が並んでるくらいなので、立ってさくっと食べてる人もいました。
日本で言う立ち食いそば的な?

「台湾グルメの麺線に初挑戦!と西門町のシンボル西門紅楼をちら見@台湾旅行」の続きを読む>

龍山寺で参拝!の後は食感がたまらないピーナッツ餅でパワー全開@台湾旅行

龍山寺

こんにちは、ホクホク(@hkhksan)です。

わたしく2回目の台湾!!
前と違う台湾が楽しめそうでワクワクしてます(*´艸`*)

今回は、参拝者の熱気がすごい!『龍山寺』を訪れました(*^_^*)
龍山寺(ロンシャンスー)は、台湾きってのパワースポットということもありすごく賑わってます☆

ちょうどお経を読む時間だったらしく大合唱!
地元の方の信仰心の強さを肌で感じました。
日本人はもはや無宗教ですからね。。

私も台湾流の参拝をしたり、普段あんまりやらない台湾スタイルのおみくじを引いてみたり、お寺を満喫しました〜ヽ(=´▽`=)ノ

よろしく開運!!!

龍山寺で参拝

龍山寺

龍山寺駅に到着!!

実際はすぐ龍山寺に行かずに近くで朝食を食べ、レトロな街並みの剥皮寮を観光しました(*´ェ`*)
その時の旅行記は前回の「朝ごはんからのレトロな街並みが残る剥皮寮へ!」をご覧ください!

朝ごはんでお腹も満たされたので、龍山寺へ!!

龍山寺

立派な門構え。

龍山寺

装飾がカラフルで細かい!

龍山寺

門をくぐったところ。エントランス的な。

龍山寺

龍山寺!!

「龍山寺で参拝!の後は食感がたまらないピーナッツ餅でパワー全開@台湾旅行」の続きを読む>

1 2 3 4